ピクシブ百科事典

ピエール=シモン・ラプラス

ぴえーるしもんらぷらす

ピエール=シモン・ラプラスとは、フランスの(主に)数学者である。1749年生、1827年没。

概要

ピエール=シモン・ラプラスとは、フランスに生を受けた数学者。
数学者であると共に、物理学者であり、天文学者であり、自然科学者でもあった。
その上、更に政治家としても活動しており、
きわめて短期間ではあるが、内務大臣を務めたこともある。
西暦1749年生まれ、1827年没。

多くの学問を修め業績を残したが、特に数学において大きな業績を残しており、
「ラプラス変換」「ラプラス作用素」「ラプラス方程式」にその名を刻む。
また、「ラプラスの悪魔(ラプラスの魔)」の提唱者でもある。

関連タグ

コメント