ピクシブ百科事典

プチットクローバー

ぷちっとくろーばー

ブラッククローバーにおける恒例のプチアニメ。毎回シリアスが続くブラッククローバーとは裏腹に可愛らしいキャラクターがギャグをするアニメでもある。当然原作には書かれてない。
目次[非表示]

概要

第3話から始まったプチアニメコーナー。第5話以降は毎週放送される。キャラ崩壊など視聴者の腹筋を崩壊させたり、或いわイケボ等のセリフや、まだ会ってないにも関わらず登場させたり世界観がかなりおかしな面もしばしばある。

主なキャラクターとして。

  • 特にユノノエルがツッコミに回ることが多い。場合によってアスタ(ブラッククローバー)がツッコミにいれることもある。
  • 逆にアスタやミモザ・ヴァーミリオンがボケに回ることが多い。ミモザは天然失礼な部分もあるため基本的にツッコミを入れずユノがクラウスのことを兄ちゃん呼ばわりされる想像したり、アスタを動物で例えたり等意外と多めである。
  • 第10話、第11話でセッケがフッハを本編と合わせておよそ60回以上も言ったことは一時的に話題となった。
  • 僕のヒーローアカデミア程ではないがイケボが意外と多いのも特徴。ヒロインの可愛らしい声も子供のみならず女性のハートを鷲掴みした。

関係するもの

FAIRYTAIL…序盤から次回予告でプチアニメみたいになっている。

関連タグ


ブラッククローバー

コメント