ピクシブ百科事典

プラ板

ぷらばん

プラスチック板に絵を描き、オーブントースターで加熱、凝縮固定化したもの。または模型工作などに非常によく使われる素材の一つ。
目次[非表示]

アクセサリーとしての概要

ポリスチレンでできたプラスチック板を高熱で収縮固形化してアクセサリーストラップにしたもの。
1980年代~1990年代前半にかけて小学生の間で流行した。

作り方講座



関連画像

プラ板で遊ぼう(集合)
歯車



模型関係における概要

基本的には上記と同じポリスチレン製プラスチック板の略称。アクリル板や塩ビ板も広義には含まれるがそれらはやや高価な専用の接着剤を必要とするため、通常は接着性にすぐれるポリスチレン製のものを指す。プラ板、プラ棒ポリパテ、エポキシパテなどの各種パテ接着剤を使ってフルスクラッチプラモデルなどの自作模型だけでなく、時には完成品の改造に使うことが多い。レジンキャストや金属板に比べ扱いが格段に楽なため、改造に足を踏み入れるとまず手放せない素材。うまい人間にかかるとガンダムバックパック装甲、バキュームフォームで大型航空機、果ては電車の車体まで作り上げてしまう腕の持ち主もいるので馬鹿にできない。
透明素材のものは実質上記の工芸用のものとほとんど同じであるが、航空機のコクピット、クリアーのバキュームフォームキットに使うなど用途が違うため必然的に大きい寸法のものが模型工作用とされる。着色プラ板よりも硬度が高くまた柔軟性がないうえに薄手のため、雑な扱いをすると砕けやすい。
定尺のタミヤ製のものが量販店でも販売されているため入手しやすいが、海外メーカー製の特殊寸法の素材もある。


関連タグ

プラスチック ストラップ キーホルダー 
タミヤ 模型 マテリアル

関連記事

親記事

プラスチック ぷらすちっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プラ板」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1444422

コメント