ピクシブ百科事典

プロトスナイプ

ぷろとすないぷ

エグゼイド本編が始まる5年前に活動していた、仮面ライダースナイプのプロトタイプの仮称。
目次[非表示]

ババンバン!バンバン!バンバンバンバンシューティング!

概要

ガンバライジングでの呼称は「仮面ライダースナイプ(プロト)」。
本編が始まる5年前、CRに所属していた花家大我が“プロトバンバンシューティングガシャット”を用いて変身していた仮面ライダー。
時系列的には最初の対バグスター専用の医療戦士であると思われる(その前に開発されていたと思われるレベル0に関しては不明)。

外見的には全身が灰色となったスナイプそのままの姿をしている。
後に開発される正規品より強力だが身体への負担が大きいプロトガシャットを用いて変身する為、同じくプロトガシャットを用いて変身するゲンム同様に能力は若干上回っていると推測される。

一方、変身者に掛かる負担が高すぎる為に劇中では適合者である大我でさえ吐血や失神などいわゆる「副作用」が大きく、変身し続けると寿命を削る可能性が高いと思われる。

劇中での活躍

TV本編では第6話の回想シーンで初登場。
スピンオフ作品『【裏技】仮面ライダースナイプ エピソードZERO』では主役として登場。
バグスターユニオンを撃破してゲーム病治療に奮闘する。
進化して患者から分離したバグスターにも果敢に挑むが・・・。

形態

レベル1

外見的には全身が灰色となったスナイプレベル1。
弾丸型のエネルギーを纏って突撃する技を持つ点も同様。

レベル2

ガンバライジングにてプロトバンバンシューティングガシャットをスキャンすると登場。
外見的には全身が灰色となったスナイプレベル2である。

『エピソードZERO』の時点ではバグスターウイルスはまだ『バグスターユニオンを形成後、撃破されると患者から分離する』という性質を持たなかったため、レベル1形態しか登場していない。
そのため上記のレベル1も後のような『患者とバグスターウイルスを分離する』能力は持っていない可能性がある。

(当時の黒幕の目的を鑑みるに、レベル2形態は不要だっただけではなくレベルアップの方法や存在自体を教えられてすらいなかったことも考えられる)

関連項目

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダースナイプ

ゲーマドライバー プロトバンバンシューティングガシャット

プロトドライブ 仮面ライダーバース・プロトタイプ⇒同じくプロトタイプのライダー関連。

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトスナイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント