ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事にはR-18成分が含まれています。

概要

濃く暗い灰色の肌に黒の体毛を生やすウルフ属の魔物娘。アヌビス同様指の数は四本である。デーモンデビルのように白目にあたる部分が黒色になっており、その中心には燃えるように耀く瞳がある。

その気質は地獄の業火のように熱く、有り余る肉欲を常にもてあましている。
男性の存在を嗅ぎ付ければ直ぐさま襲いかかり(性的な意味で)喰ってしまう。
相手が強い男性だろうと構わず挑みかかり、自分のモノにしようとする。
ひとたび交われば、その男の精も根も尽き果てるまで絞り尽くし貪り尽くす。

他のウルフ属は人間に懐きやすく、狂暴なワーウルフですら力を認めさせれば主として認識し従うようになるが、そうした傾向はヘルハウンドには無縁なものである。
彼女達を自分に懐かせようと試みる男達もいるが、それが成功した事例は確認されていないという。
ヘルハウンド達は(個体差もあるが)プライドが高いわけではなく、そうした男達に一時的に主導権を取られた場合もノリノリで受け入れるが、性交中にマウントをとれたと思い込んだ者も油断したり疲労する等した僅かな隙をつかれて逆転され、逆に彼女達のモノにされてしまう。

ただし、懐かないという事はヘルハウンド達が自分と交わった男性に対して愛情を持たないという事を意味するわけではない。
それどころか彼女達は自分のものになった男性を乱暴に扱う事だけは決してせず、むしろ弱いために守るべき対象であるとして大切にする。
唯一のオスと定めて男を娶る一途な面を持ち、夫を傷つけようとする者はヘルハウンドの逆鱗に触れ、それこそ地獄を見ることになる。

ヘルハウンドは遠い昔、冥府のとある神により番犬として創造されたと伝わるが、神々ですらヘルハウンドを飼い慣らす事はできなかったと言われている。

関連タグ

魔物娘図鑑 ヘルハウンド

外部リンク

魔物娘図鑑-ヘルハウンド

関連記事

親記事

獣人・魔獣 じゅうじんまじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヘルハウンド(魔物娘図鑑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 892942

コメント