ピクシブ百科事典

ヘルムート・J・ラコック

へるむーとじぇいらこっく

ヘルムート・J・ラコックとは『太陽の牙ダグラム』の登場人物である。
目次[非表示]

寄生虫めが!
CV:仁内建之中尾隆聖(『SUNRISE WORLD WAR』没後代役)

概要

クリン・カシムの父・ドナン・カシムの補佐官(秘書みたいなもの)としてカシム家に出入りしている25歳の青年。
若く博識で機転が利く一方で、狡猾で策謀に長けた人物。権力欲が非常に強い野心家で、他人を利用しては容赦なく切り捨てたり、目的の為には事の善悪を問わずに手段を選ばず、時として己の手を汚す事すら厭わない。上司であるドナンからは政治家としての能力を評価されながらも「人徳がない」とその本性を見抜かれていた為に疎んじられていた。
やがてドナンが病に倒れた後にドナンを裏切り、連邦政府のデロイア駐在弁務官の肩書きを獲得、事実上デロイアにおける地球連邦側最高実力者となる。
上司であるドナンを追いやり、フォン・シュタインを謀殺、謀略を多用した末に独立派の穏健派・ヘシ・カルメルを丸めこもうとするも、結果的に反目される。最期は散々情報屋として利用してきたコール・デスタンによって射殺され、自業自得の末路を迎えた。

余談

政治劇的な色合いが強い同作において、中盤から最後にかけては主役レベルの活躍をした存在。見た目からは想像しがたいが、25歳という非常に若い野心家であり、それ故か作中では一番他人に殴られた回数が多い。

関連項目

太陽の牙ダグラム

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルムート・J・ラコック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120

コメント