ピクシブ百科事典

デロイア

でろいあ

デロイアとは「太陽の牙ダグラム」に登場する架空の惑星。同作の舞台でもある。また同惑星で起こった独立戦争についても記述する。
目次[非表示]

概要

地球から224光年離れたスタフェラス二重太陽系にある第5惑星。
SC23年にワームホールを通過する航法によって地球から約75時間(3日位)と言う短時間で移動できるようになり、地球連邦の植民地として開拓が行われた。
使われている主要通貨は「デロイアドル」と言う。首都はカーディナル。
ただ、地球と環境が極めて似ていたこの惑星は大掛かりなテラフォーミングは必要無かったが荒野や砂漠が多く、かなり暑い気候の惑星で、しかも二重太陽系下の為、二つの太陽が並ぶ場合と重なる場合があり、極端に暑い夏と極端に寒い冬が交互に訪れ、農作物の収穫も長らく覚つかないまま人々の生活を苦しめていたと言う。しかし移民者たちの長年の努力により地球と同じような経済活動が出来る社会を構築した。
また時折現れるXネブラと呼ばれる未観測要素の多い帯電性ガス星雲の影響でコンピューターの性能が低下し、惑星の電離層が乱れているため交信電波の届く距離も限られてしまう。その為長距離通信には伝書鳩が使われ、戦闘はスタンドオフ兵器を使用しない有視界の接近戦が基本となっている。
この星には薄い輪があり、輪の周辺は放射能が強く、人間は宇宙服でも生きられないほど。バン・アレン帯は二重太陽の強い放射線と荷電粒子から惑星を守るためかなり強力で、これを避けるために宇宙港が極点近くに作られている。

デロイアに移民した人々の子供や孫などの子孫はデロイア人と呼ばれている。地球人たちの中にはデロイア人を下等な市民として差別する者も多い。
カーレースが国民行事となっていたり、ヒスパニック系の名前の人がいたり、山岳ゲリラが多数存在したりと社会様式と生活様式はかつての中南米ラテンアメリカ諸国に似ている。

移民から130年が経ってもまともに自治権を与えられず、地球連邦に資源を搾取される現状に対して不満を抱くデロイア人達により独立運動が繰り広げられている。しかし、科学力では地球よりも遅れているので独立しても星間断行は無理であった。
また地球連邦側としても地球の資源が枯渇し、デロイアから産出される多くの鉱物資源や食料などに依存せねばならないほど地球人の生活は成り立たない状況となっており、それが星間断行によって破綻しかねない為、デロイアの独立に反対する意見が多いが少数ながらも利権の為に独立もやむなしと言う声も出ている。

デロイアに駐屯している地球連邦軍は各州混成による第8軍であり、その多くは現地雇用したデロイア人であり、軍内部でも彼らを差別する行動が起きていた。

地名

カーディナル
デロイアの首都。
ボナール
工業都市
ダムシティ
独立派ゲリラの数少ない勢力圏。
バラフ軍刑務所
サマリン博士が投獄されていた刑務所。
パルミナ大陸
アンディ鉱山
ウルナ基地
ドガ市
カルナック山脈
北極ポート


デロイア独立戦争

デロイア事変

デロイア独立運動が激しさを増すSC152年10月1日、地球連邦軍第8軍の副司令フォン・シュタイン大佐が第8軍司令官ダンロック中将を射殺すると言うクーデターを起こし、その後、デロイア独立正規軍と言う部隊を率いて首都カーディナルで開催されていた連邦評議会を占拠、評議会議長ドナン・カシムを始めとする議員たちを人質に取った上に独立宣言を行った。
これこそがデロイア独立を巡る540日に渡る動乱の始まりであった。
直ちにドナンの娘婿のレーク・ボイド大尉を中心に救出部隊が編成され、ドナンの息子であるクリン・カシムも加わってクーデターの鎮圧と人質救出を行った。
だが作戦が行われた10月6日、救出部隊が見たものはドナンとフォンが並んで座っている姿だった。
ドナンはクーデターは全てデロイア独立に賛成した数名の議員たちが仕組んだものであったと公言し、フォンは騙されていたとして免罪し、議員たちは逮捕された。
そしてその日を持って植民惑星であるデロイアを地球連邦政府の8番目の自治州に昇格させ、フォンをその代表に任命した。

ゲリラ狩り

州立化と言う形でデロイアの自治権は確立したが実質的な独立では無く地球連邦の傀儡政権に過ぎず、ドナンはフォンに州立化に対して猛反発を行う独立派ゲリラに対してのゲリラ狩りと武力弾圧を命じるのであった。
実は、フォンの反乱から始まったこれらは全てドナンがデロイアの資源を必要とする地球人の為にデロイア独立阻止と独立派のあぶり出しを目的にフォンを操って引き起こした陰謀であった。

ダグラム起動

従軍していた記者のディック・ラルターフから事件の真相を知ったクリンはデロイア人を苦しめるやり方に疑念を抱き、ドナンを説得しようとするが当のドナンは「多少の犠牲はやむを得ない」、「何故デロイアの独立を願う?」と反論して悪政を正当化するのであった。そんな中、デロイア独立派の指導者である元歴史学者のデビット・サマリン博士と出会う。しかしその結果サマリン博士は連邦軍に捕まり、更には独立派が建造していた新型コンバットアーマーダグラムまでもが奪取されてしまう。責任を感じたクリンは単身、連邦軍基地へ潜入し、ダグラムを奪回、そしてデロイアの人々のために地球時代のバイク仲間だったロッキー・アンドルらと共にデロイア独立運動に身を投じる。それは父や故郷である地球への反逆でもあった。
後に彼らはゲリラグループ「太陽の牙(またはデロイア7)」としてその名を轟かせるようになる。
傭兵部隊のガルシア隊やザルツェフ少佐との戦い、仲間の死、J・ロック率いるデロイアの星と言った他のゲリラと共にバラフ軍刑務所に収監されたサマリン博士の救出などを経て、太陽の牙は独立派の拠点を確立すべく独立の機運が強いパルミナ大陸へと渡った。

パルミナの戦い

パルミナ大陸に渡った太陽の牙とサマリン。一方ドナンはレークをパルミナの行政官として派遣する。
レークはドガ市で蜂起したゲリラを鮮やかに制圧しつつ、ゲリラと連邦軍も区別無く負傷者の治療が出来る野戦病院を設立したり、デロイア人住民や兵士の待遇改善の具申などと言った善政と言うやり口でパルミナの平定に奔走する。当初それは敵味方双方から非難されるが徐々に支持され始める。
一方、ドガ市攻略に失敗したサマリンと太陽の牙はゲリラの組織化を目論み、地球に必要な資源を多く産出する鉱山で連邦内の権力争いの真空の三角地帯と言われるアンディ鉱山に潜入、そして連邦軍が手出しできない為、一時的に匿われる事となった。
だがダグラムに仲間を倒されたハンク軍曹とアーロン伍長が軍の命令を無視して単独でダグラムを襲ったが失敗した。

解放軍結成

数々の失敗とゲリラとの接触で失脚していたザルツェフがゲリラに参加し始める。
そしてデロイア人民解放軍が結成された。太陽の牙も解放軍遊撃隊として活動する事となる。
そして連邦軍はアンディ鉱山への攻撃開始を決定する。しかし解放軍は民間人に紛れてアンディ市から脱出した。

ウルナ基地反乱

パルミナの連邦軍ウルナ補給基地の司令官ブラドー少佐による裁判無しのデロイア人ゲリラ処刑と言う非道な行動に反発したガボール・ザナ中尉が抹殺されそうになった。しかしそのブラドーの横暴に怒ったデロイア人の連邦軍兵士がブラドーを殺害すると言うクーデター行為が発生する。
その後、この事を知った解放軍はマスコミにこれを密告し、報道させる。その結果デロイア各基地で同じような事件が続発し、600人に及ぶ反乱兵士達と多数のコンバットアーマーが解放軍の仲間となった事で戦力が強化された。
そしてザナたちの説得に赴くも失敗したレークは連邦軍を辞職してしまう。

24部隊の出現とウェーブ台地攻略戦

フォンは辞職したレークの後任として優秀と言われるフリッツ・マノン中佐をパルミナの行政官に任命した。マノン中佐は解放軍を一気に叩き潰すべく首都カーディナル防衛の為の選りすぐりのパイロットで構成された精鋭部隊24部隊をパルミナへ向かわせた。
就任後に起きたウェーブ台地での戦いで強固な砲兵陣地と24部隊により解放軍は苦戦を強いられ、ダグラムも破損するがどうにか台地の奪取に成功する。

スタンレー高原の戦い

SC153年11月6日、ドガ市に向けて進軍する解放軍に対してマノン率いる連邦軍は24部隊を含む大部隊を展開する。しかし解放軍の罠や援軍、そして修理が完了したダグラムの活躍で24部隊が全滅、連邦軍は総崩れとなりマノンも戦死した。

人民政府の樹立

SC153年11月7日に解放軍はドガ市の占領に成功、そこで代表であるサマリンはデロイア人民解放政府の樹立を宣言した。それに対して連邦軍はドガ市奪還作戦を行ったが解放軍に撃退されてしまう。
その頃、デロイア弾圧の元凶であるドナン議長が病に倒れ、そして彼の秘書で野心家であったヘルムート・J・ラコックはそれを機にドナンを見限り、連邦政府のデロイア駐在弁務官と言うデロイアにおける地球連邦最高の地位につき、デロイア支配を画策する。

北極ポートへの進軍

デロイア解放軍はデロイアの玄関口とも言える北極の宇宙ポートへ進軍を始める。途中のカルナック山脈で連邦軍のゲリラ戦による足止めに合い、さらに解放軍内でサマリンを始めとする武闘派とヘシ・カルメルを始めとする穏健派が対立を始めると言うアクシデントが発生、更に連邦軍でもラコックの悪辣さに耐えかねたフォンが解放軍との会談に向かおうとした矢先にラコックに殺害されてしまい、表向きは事故死と処理された。
そして解放軍が北極ポートを目前にした所でラコックにそそのかされたカルメルが反旗を翻しサマリンを拘束、解放軍は戦闘停止を余儀なくされる。そしてドナンのその最中にこの世を去った。

偽りの独立

カルメルがデロイア政府の代表となったもののラコックとの交渉では地球主導での独立を認めさせられる事となり解放軍は解散、治安軍へと再編された。
軟禁されていたサマリンは終戦パレードと独立記念パーティーの後に納得がいかない太陽の牙とJ・ロック隊の手で救出されるが包囲してきた治安軍の流れ弾で重傷を負い死亡してしまった。

デロイア独立

ラコックの卑劣さに追い詰められたカルメルはデロイアの主権を守るべく治安軍を派遣しラコックの命で出撃した連邦軍との対決を決断、。そしてラコックはカルメル達政府を丸め込もうと向かうが自らが利用し続けた情報屋コール・デスタンを罵倒した為に彼に射殺されてしまう。これが結果的に地球側は政治的対応がマヒ状態に陥り、デロイアが独立できた。
そして武装解除したクリン達太陽の牙はダグラムを引き渡しを拒否し、砂漠で爆破した。
そしてSC154年、地球とデロイアの間で相互不可侵条約が締結された。


関連タグ

太陽の牙ダグラム
地球連邦軍(太陽の牙ダグラム)

pixivに投稿された作品 pixivで「デロイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 404

コメント