2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

フォン・シュタイン

ふぉんしゅたいん

フォン・シュタインとはロボットアニメ「太陽の牙ダグラム」に登場するキャラクター(左端の男)。
目次[非表示]

「私もデロイア人なのだよ!」
CV:蟹江栄司

概要

植民地惑星デロイアに駐留する地球連邦軍第8軍の副司令官。階級は大佐。デロイア出身のデロイア人。劇中ではよくフルネームで呼ばれる。

SC152年に決起を拒否した第8軍司令のダンロック中将を射殺した。この時に彼が放った1発の銃声が物語の始まりを告げる事になる。その後、反乱軍デロイア独立正規軍を率いて、首都カーディナルの連邦評議会を制圧、そこで会議をしていたドナン・カシム議長を始めとする評議員たちを人質に取り、デロイア独立を大々的に宣言した。
クーデター鎮圧に動いた救出部隊が議事堂に突入したがその際、人質となっていたはずのドナンは「一部の議員たちに扇動されて反乱を起こした」と主張し、フォンを免罪にした。
そしてフォンもデロイア独立ではなくデロイアを植民地から自治州に昇格したかったのが望みでそこを議員達に付かれて利用されたと主張した。そしてドナンの計らいで樹立したデロイア州の代表に就任された。

実はフォンは最初からドナンと共謀しており、このクーデター自体、独立派ゲリラのあぶり出しと排除、そして独立の機運を潰すのが狙いで、まさにフォンは独立を願うデロイアの人々を裏切ったも同然な所業をやってのけたのだ。彼はデロイア人だが地球で教育を受けて長く暮らしている地球育ちで地球の士官学校も卒業している。その為か、思想や思考、理念は殆ど地球寄りである(実際クーデターの時、従軍記者のディック・ラルターフはそれを知っており、そんな彼が独立を目論むのを疑問視していた)。

かつてはジャッキー・ザルツェフ少佐を初め多くの兵士から尊敬されていたが、ドナンの傀儡に成り下がって以降はゲリラ狩りを命じたり、現場を無視した政治的配慮優先の命令を下すことが多くなっていった。その結果、最も尊敬していたザルツェフからは「背広が着たくなったか」と嘆かれ、一般兵からも「あんな人じゃなかった」と酷評されるようになった。
しかしこと軍事面に関しては優秀で、ザルツェフ少佐曰く「追い込まれた時の方が強い」らしく、事実、度重なる敗戦で第8軍が弱体化後、北極ポートに進軍する解放軍に対し、正規軍である連邦軍が特殊部隊を編成しゲリラ戦を行うという奇策を実行、多大な戦果を上げたりもした。
ドナンとの関係も他者からは傀儡と呼ばれてはいたが、ドナンの地球とデロイアの未来を憂う気持ちを理解しており、彼なりに自治州としてのデロイアを思っての言動も多分にあり、決して権力者に媚を売るだけの男ではなかった。

しかしドナンが倒れると駐在弁務官として私欲にまみれた策略をするラコックの悪質さと卑劣な姿に嫌気がさし始め、やがてラコックが第8軍とサマリン達解放軍とを戦わせて共倒れを狙いつつ、裏工作によってフォンやサマリンを政治的に排除することでデロイアを支配しようと目論んでいる事に気付く。ラコックの陰謀を知ったことで遂にデロイア人としての誇りを取り戻し、ヘリでサマリンとの直接会談に向かう(序文はその時にラコックに最期に言った言葉である)が、これに驚き焦ったラコックのなりふり構わぬ強引極まりない攻撃で撃墜されて死亡、その死はラコックの策略により事故死として片づけられた。

余談

前述のとおり、彼はデロイア人でありながら何故か地球で育ったと言う。恵まれた環境で育ち財界にも顔が広いと言うから恐らくはデロイアでも富裕層の出身であったと推測される。

関連タグ

太陽の牙ダグラム
ドナン・カシム
ヘルムート・J・ラコック
地球連邦軍(太陽の牙ダグラム)

売国奴 裏切り者 上級国民
バナナ ココナッツ アップル アンクル・トム … 支配者に迎合的な存在を皮肉った単語としても扱われる

関連記事

親記事

地球連邦軍(太陽の牙ダグラム) ちきゅうれんぽうぐん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました