ピクシブ百科事典

ベフォールの子供

べふぉーるのこども

べフォールの子供とは、アニメ『ファンタジックチルドレン』に登場する人物集団。
目次[非表示]

概要

白髪碧眼の子供たちの集団。
子供の姿でありながら大人びたふるまいをする。
メンバーはアギソレトヒースマタルラントハスモダイメルパルザの7人。
のちにメルパルザはそれぞれ集団から離脱、5人となる。

数百年にわたりヨーロッパを中心に繰り返し現れ、全員が5歳で集団失踪、12歳を迎える前に集団死するという。
謎の高度な科学技術を使用しつつ、幻影を見せる黒い影「閻魔」に悩まされながら、歴史の裏で人知れず旅を続けていた。

デュマと対立関係にある。
この対立の中でメルはデュマに捕縛されて以降行方不明となった。

最初の痕跡は15世紀ベルギーのべフォール村において記録される。
以後たびたび出現が記録され、1901年に新聞記者のボブ・クックスが、ヨーロッパから東南諸島へと渡航した彼らに遭遇、その写真を撮影。直後の集団死現場を目撃。
この事件が科学者ラドクリフ博士の元に持ち込まれ、子供たちの足跡を過去13回まで追跡したラドクリフ博士は、最初のべフォール村の記録に辿りつき彼らを「べフォールの子供」と命名。
その存在の異様さに恐怖したラドクリフ博士は、錯乱と狂気に飲まれることとなった。

別名・表記ゆれ

べフォールの子供達 べフォールの子供たち べフォール

関連イラスト

ベフォールの子供達
ベフォールの子供たち


fantastic children
メシア・シンドローム


関連タグ

ファンタジックチルドレン

pixivに投稿された作品 pixivで「ベフォールの子供」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4103

コメント