ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:大塚周夫

概要

北部ガリア方面侵攻部隊指揮官 / 少将 / 51歳 / 身長192cm / 体重75kg
マクシミリアンの幕僚を務める初老の将軍で、マクシミリアン直属の3将軍『ドライ・シュテルン』の一人。皇室と繋がりのある伯爵家出身で、皇帝に絶対的な忠誠を誓っている。『ドライ・シュテルン』になったのも、マクシミリアンの監視のためであった。
ラディ・イェーガーとは過去に一戦を交え、自らも脚を負傷した経歴がある(杖を突いているのはその際の負傷のため)が、いまは共にチェスを差す仲である。
帝国至上主義者であり、他民族、特にダルクス人を蔑視している。ガリア戦役の際には占領したファウゼンで多くのダルクス人を強制収容所送りにし、鉱山地帯で強制労働させていた。

ガリア戦役においては北部方面軍を指揮し、ガリア公国の重要地点の一つ鉱山都市ファウゼンを占領、兵の多くを温存したままガリア北部のほぼ全域を占領するなど指揮官としては有能であるが、多くの被害を出しては帝国の威信に傷が付くと体面を重視しすぎるきらいがあり、被害の出る速攻や野戦を嫌うなど消極的な戦術を好む。
しかし体面の重視だけではなく。犠牲を省みず、ただ勝てばいいという戦いは許されないという発言からも彼の思惑が推察でき、膠着状態に陥り南部・中部共に消耗している中で前述の通り兵の温存に成功している。だが、全ての状況においてそうではなく、勝つために必要とあらば、あらゆる手段と部下の犠牲も厭わない考えを持つ。

ウェルキン・ギュンター率いる第七小隊がファウゼン解放に向かった際には、ファウゼンを見渡せる鉄道橋梁に装甲列車エーゼルを配備し、自らもこれに搭乗して迎撃の指揮を執る。エーゼルの頑強な装甲と搭載火器の重火力で小隊を寄せつかない戦いを展開するものの、第七小隊に内通したダルクス人により橋脚に爆弾を設置され第七小隊がこれを爆破。エーゼルと共に川に落下して沈没、戦死する。
アニメ版では大まかな動きは変わらなかったが、最後は川に落ちることなくエーゼルの爆発に巻き込まれて戦死している。
いずれにせよ、『ドライ・シュテルン』の中では原作・アニメ版双方とも最初の戦死者となった。

余談

キャラクターモチーフは第二次世界大戦時のナチス・ドイツ武装親衛隊将校。
鋭角な鼻とこけた頬、刈り上げられかっちりと固められた髪型、乗馬ズボンという、ある意味テンプレートな容姿となっている。

関連タグ

戦場のヴァルキュリア 東ヨーロッパ帝国連合 将軍

関連記事

親記事

東ヨーロッパ帝国連合 ひがしよーろっぱていこくれんごう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベルホルト・グレゴール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4746

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました