ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

しんにゅう者から このエリアを 防衛する

戦とう型 セキュリティマシン。

かつて くり広げられてきた 戦いの

データを ぶんせきし、ホログラフ

セキュリティシステムを 次つぎと 生み出す。

(通常版説明文、以下説明文引用の太字は本来橙字)


マザーコンピューターにより リニューアル

された この 防衛システムも、他の星

ねむっていた せっけい図を もとにして 作られた

ものだが、一部 データが かけている ため、

本来の せい能を はっきできずに いるらしい。

(Re:版説明文)


概要編集

星のカービィ ロボボプラネット』の2面『ラスタードロード』のボス。

黄色水色黄色オレンジ色の4体の正八面体と、周囲の石板のようなもので構成されている。


2面ボス、「防衛システム」という肩書き、複数の正八面体という姿は、ピクスを彷彿とさせる。


6面『アクシスアークス』のステージ5にも出現するが、この時は、ホロ・ガラーガを召喚せず、システムエラーもしない。


Holo Defence API 2.0

メタナイトでゴーリターンズで戦える強化版「Re:ホログラフ防衛システムズ」は、十字状の形をしている。

Re:版のスペシャルページによると、「ハルトマンワークスカンパニー」が独自に開発したものではなく、他の星に眠っていた設計図を元に作られたものなのだが、一部データが欠けているため、本来の性能を発揮できずにいるらしい。

Miiverseのスタッフページでは、スージーが異空間から繋がった世界で設計図を手に入れたと語られている。


戦闘方法編集

ホログラフィティーという能力により、カービィが過去に戦った敵のホログラムを生み出して戦う。ホログラフなのに実体を持つというのはオーバーテクノロジーの証拠である。

ちなみに各ホログラフにもスペシャルページが存在する。

ホログラフ防衛システムズ


ホロ・クラッコ編集

この星の空に 古くから住むという、

モンスターの データを ぶんせきし、

作り出された ホログラフ。

大気の エネルギーを 味方につけ、

電力を 活かした こうげきを とくいとする。

(通常版説明文)


この モンスターのデータは、

ぶんせき すればするほど、様ざまな

こうげきパターンが 見つかる。

その いったんが システムリニューアル

より かいほうされ、手強くなっている。

(Re:版説明文)


クラッコのホログラフ。

デザインは『TDX』の物が元になっている。攻撃方法は『TDX』の前半戦の時と同じ。

Re:版の外見はクラッコDXではなく、『USDX』のクラッコ リベンジの姿をしている。新技として「クロスサンダー」を使う。


ホロ・ローパーズ編集

エナジースフィアという 球体が 好物な、

異空間に すくう モンスターの ホログラフ。

もとは、赤色と青色の こたい であった もよう。

このモンスター自体よりも、スフィアの持つ

異しつな テクノロジーの方が ナゾが多い。

(通常版説明文)


このモンスターは、スージーが かつて入手した

データを入力し 生み出されたのだが、異空間

よばれるエリアに すくう このモンスターの データを

一体いつ、どこで 手に入れたので あろうか。

かのじょナゾも また、深まる ばかりである。

(Re:版説明文)


スフィアローパーズのホログラフ。

紫のスフィアローパー(通常版のスペシャルページには青色とあるが恐らく誤植)と赤のスフィアローパーの2体で1組の攻撃をしてくる。攻撃パターンは体力が一定以上ある時の技を使用する。

Re:版の外見はスフィアローパーEXのように単眼で頭頂部の毛のようなものが1本角になる。新技として紫は「ミニブラックホール」、赤は「バーニングアタック&セカンドアタック」を使う。


ホロ・アイスドラゴン編集

ドラゴンと よばれる、まぼろしの 生き物

ホログラフ。いく年月もの 時間を生きてきた

古代の生命体。を はくタイプも 存在する

ようだが、この青いドラゴンは 体内で

せいせいし、こうげきする タイプのようだ。

(通常版説明文)


かつて 存在した、古代のドラゴンという

生命体の データから 生み出された

ホログラフだが、もしかしたら 今でもまだ

どこか 島の どうくつの おく深くで、

ひそかに 生きのびて いるのかも しれない。

(Re:版説明文)


アイスドラゴンのホログラフ。

2』で使用した技に加え、『アニメ』第20話で使用した「結晶カッター」が追加された。

Re:版の外見はびれの形状がひし形になり、腹部にも同じような模様が描かれている。(後に発売されたスーパーカービィハンターズのエレキドラゴンとは模様が異なる)新技はない。

因みに過去作で強化版が登場していない為、実際のカラーリングは不明。


ホロ・ガラーガ編集

天空の国に まつられていた、ぐうぞうの

ホログラフ。頭のデータに 弱点を かくにん。

強いエネルギーを そそがれた ことで

動き出した、ヘビの人形に すぎないが、

として あがめられていた もよう。

(通常版説明文)


このモンスターが いたという 天空の国

存在 するらしいが、いまだ キカイ化

しんりゃくが とうたつ できていない もよう。

この星には まだ、様ざまな みかいの

エリアが 残されていることが うかがえる。

(Re:版説明文)


トグ・ロ・ガラーガのホログラフ。

生成する前にステージ奥に5本の柱を出す。

一部の攻撃が雷属性になり、吐いた岩からスパークをコピー出来る。

技は『TDX』の後半戦に準ずるが、このホログラフのみ一部の行動が強化され、「バラバラボディ」や床を沿う移動の際に、床に電撃を残していくため、本物より攻撃がかわしづらい。

Re:版の外見はトグ・ロ・ガラーガDXのもの。新技はない。


全てのホログラフが倒されるとシステムエラーを起こし、本体が直接体当たりしてくる。しかし、この時点でもう相手の体力はほとんど残っていないので(敵のホログラフを倒した時のダメージを本体に与えることになっている為、体力ゲージが減っているのがわかりやすい)、ここまで来れば、一発で倒すことができる。


関連タグ編集

星のカービィ ロボボプラネット ハルトマンワークスカンパニー

正八面体 ホログラム


ピクス:外観の元ネタ

アド/アドレーヌ:何種類かの中ボス・ボスのコピー(クラッコとアイスドラゴンが共通)を召喚してくるボスキャラ繋がり。最後は本人との直接対決になるが、何らかの攻撃を1発でも当てるだけですぐに倒せてしまうほど弱いのも同じ。


外部リンク編集

関連記事

親記事

ハルトマンワークスカンパニー はるとまんわーくすかんぱにー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5263

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました