ピクシブ百科事典

ポケモン四天王

ぽけもんしてんのう

『ポケットモンスター』シリーズに登場する、ポケモンリーグで関門を務める4人の実力者達のこと。
目次[非表示]

概要

ポケモン四天王( - してんのう)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する、ポケモンリーグ公認の4人のポケモントレーナーの総称である。
一般的に「四天王」と呼ばれることが多い。ゲーム内でも「してんのう の ○○」(○○は人物名が入る)と表記される。

8人のジムリーダーを倒し、8つのジムバッチを集めることで実力が認められたポケモントレーナーである主人公達。
それをポケモンリーグで待ち受けるのが、最後の関門である彼ら4人の実力者達である。
そのような存在であるため、彼ら自身の名前、外見や使用ポケモンは大きなネタバレ要素である。

四天王とのポケモンバトルに勝利することで、ポケモンリーグチャンピオンへの挑戦権が得られる。チャンピオンに勝利することで一応のゲームクリアとなるため、その前に立ち塞がる壁ということになる。
ジムリーダー以上に強敵であり、使用ポケモンによる個別の強弱はあるにせよ、平均レベルは50以上。
四天王を倒し、チャンピオンにも勝つとめでたく殿堂入りとなる。

しかし、ポケットモンスターの世界はそれだけでは終わらない。
リーグを制覇できるくらいの実力なら、どんなポケモンだって仲間にすることができる。ポケモン図鑑完成も夢ではない。
他にもリーグとはルールが大きく異なる対戦形式での戦いも待っている。もちろん世界中のトレーナー達と対戦を楽しんでもよい。
どこをゲームクリアとするかは、トレーナー自身にかかっている。

なおポケモン剣盾の舞台であるガラル地方には四天王がいない。
アニポケのように、ジムを全て突破した者がトーナメントに参加し、勝ち抜くことでチャンピオンに挑戦できるシステムを導入しているためである。
一応、お約束の流れを考慮したのかトーナメント本戦では4人の対戦相手と戦うことになるが、彼らはチャンピオンへの挑戦権を与えられているジムリーダーたちであり、四天王とは呼ばれない。

備考

四天王の1人が後にチャンピオンになった事例や、ジムリーダーから四天王になった事例がある。
ゲーム中に戦える人物は固定されているが、役職の実体としては流動的である。
地位はある程度保証されているようだが、その分実力がモノを言う世界のようだ。

どうみても兼業をしておらず、四天王専業でやっていると思われる大人がちらほらいる。
彼らはチャンピオンのように有事の際に動くこともなく、基本、ポケモンリーグの施設内で数少ない挑戦者を待っているだけなのだが、一体どれだけの給料を貰えるのだろうか?
カトレアガンピ辺りは高貴な生まれに見えるため、そもそも働く必要がないのかもしれないが。

第七世代までで四天王が使ったタイプがないのは、ノーマルでんきくさフェアリーの4種類である。

挑戦のルール

原作版

  • 原則1:一度部屋に入ると全員に勝つか誰かに負ける(ポケモン全員がひんしになる)まで施設から出られない。
  • 原則2:チャンピオン含めると5連勝する必要がある。
  • 原則3:道具の使用は自由。バトル直前、バトル中、バトル後のいずれのタイミングにも制限はない。
  • 原則4:ポケモンセンターに行けないため、ポケモンの回復は道具でのみ可能。また、パソコンが使えないのでパーティの途中入れ替えも不可能。そのためアイテムで回復しない限り、ポケモンのHPや技のPPが減った状態の連戦となる。
  • 原則3:挑戦中はフレンドリィショップ等に行くことも出来ないため、必要な道具は事前に購入・準備しておく必要がある。
  • 原則4:第四世代までは決められた順番通りに四天王を倒していくのだが、第五世代からは自ら戦う順番を決められるようになっている(その為、2番目に倒すとキレる者がいる)。


アニメ版

アニメ版での四天王は、ジムリーダークラスのトレーナーでも比較にならない程のハイレベルな実力となっており、正式にバトルを申し込む条件も原作版以上に厳しく、以下の数多くの手順を踏まえないといけない。

  • 手順1:各地方のポケモンリーグに参加すべく、その地方のジムリーダー達に挑戦しバッジを必ず8個集めなければいけない。
  • 手順2:各地方で開催される「ポケモンリーグ」に参加し、そのリーグで必ず優勝しなければいけない。
  • 手順3:各地方のリーグ優勝者同士で行われる一大ポケモンバトル大会「チャンピオンリーグ」に参加し、必ず優勝しなければいけない。

上記の手順1~3の条件全てをクリアさえ出来れば、ようやく四天王に正式にバトルを挑む事が可能で、四天王全員に勝てれば、その上となるチャンピオンマスター(原作におけるチャンピオンの事)にも挑む事ができる。
ただし、挑戦できる四天王は、あくまでも優勝したチャンピオンリーグの開催された地方の四天王のみに限定される為、やはり条件が厳し過ぎる事実に変わりはない(分かり易く例えれば、カントーの四天王に正式に挑戦できるのは、あくまでもカントーで開催されたチャンピオンリーグでの優勝者のみ等)。
この様に、アニメ版での四天王への挑戦権獲得は、並大抵の努力だけではどうにもならない程の険しい道のりなのである。

ただし、あくまでも「非公式のバトル」であれば、四天王達本人の了承次第で挑戦が可能であるのだが、そもそも四天王達の実力は、各地方のリーグチャンピオン以上という厳しい設定の為、まだリーグチャンピオンにも到達出来ずにいるサトシが非公式のバトルを挑んでも、全戦全敗の状態となっている。
一応、サトシは「オレンジリーグ」というリーグ戦の優勝を実現させているのだが、現在は「各地方のリーグ戦よりもローカルなリーグ戦だった」という設定になっている。

一方、カンナゲンジの登場した話からも推察出来る通り、四天王の存在は、増長してしまったサトシがポケモントレーナーとして誤った道へと進まないよう正しく導いてくれる「良き大人」としての役目も見せている。

四天王一覧

カントー地方(第一世代・第三世代)

(赤・緑・青・ピカチュウファイアレッド・リーフグリーン)

名前使うポケモンのタイプ
カンナこおり
シバかくとう
キクコゴースト
ワタルドラゴン
詳しくは四天王(カントー)を参照。

カントー地方(第二世代・第四世代)

(金・銀・クリスタルハートゴールド・ソウルシルバー)

名前使うポケモンのタイプ
イツキエスパー
キョウどく
シバかくとう
カリンあく
詳しくは四天王(ジョウト)を参照。
ジョウト地方は固有のポケモンリーグを持たず、ジョウト地方の挑戦者もカントーに行き、カントーのポケモンリーグに挑戦する形をとっている。

ホウエン地方(第三世代・第六世代)

(ルビー・サファイア・エメラルドオメガルビー・アルファサファイア)

名前使うポケモンのタイプ
カゲツあく
フヨウゴースト
プリムこおり
ゲンジドラゴン
詳しくは四天王(ホウエン)を参照。

シンオウ地方(第四世代)

(ダイヤモンド・パール・プラチナ)

名前使うポケモンのタイプ
リョウむし
キクノじめん
オーバほのお
ゴヨウエスパー
詳しくは四天王(シンオウ)を参照。

イッシュ地方(第五世代)

(ブラック・ホワイトブラック2・ホワイト2)

名前使うポケモンのタイプ
シキミゴースト
ギーマあく
カトレアエスパー
レンブかくとう
詳しくは四天王(イッシュ)を参照。

カロス地方(第六世代)

(X・Y)

名前使うポケモンのタイプ
パキラほのお
ズミみず
ガンピはがね
ドラセナドラゴン
詳しくは四天王(カロス)を参照。

アローラ地方(第七世代)

(サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン)

名前使うポケモンのタイプ
ハラかくとう
ライチいわ
アセロラゴースト
カヒリひこう
マーレインはがね
※ハラはサン・ムーン、マーレインはウルトラサン・ウルトラムーン。
詳しくは四天王(アローラ)を参照。

pixivでの扱い

pixivでは例によって女性四天王のイラストが多い。見た目がなんかエロい人多いしね。
四天王全員が描かれる場合、それに加えてチャンピオンも一緒に描かれることが多い。
ゲーム中に連戦することもあり、ほとんどセットにされている。
初代チャンピオンは特殊なので、セットにされることは少なめ。

検索上の注意

タグとしては、「四天王」の方が多く使われるが、それだけでは、元の仏教用語も含め、
他のゲームの「四天王」たちも検索に多く引っ掛かるため、こちらのタグを推奨する。

「四天王 ポケモン」で検索するか、以下の区別用タグを活用しても良い。

区別用タグ

四天王(カントー)
四天王(ジョウト)
四天王(ホウエン)
四天王(シンオウ)
四天王(イッシュ)
四天王(カロス)
四天王(アローラ)

関連イラスト

カントー四天王
ポケモンリーグ四天王


ミナミの四帝王
四天王


Elite Four
※カロスリーグネタバレ※


アローラ四天王



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン 四天王 ポケモンリーグ

ポケモン世界の役職

ジムリーダーポケモン四天王ポケモンリーグチャンピオン
キャプテン(ポケモン)しまキング・しまクイーン
フロンティアブレーン サブウェイマスター バトルシャトレーヌ
ポケモントレーナー

関連記事

親記事

ポケモンリーグ ぽけもんりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン四天王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27121

コメント