ピクシブ百科事典

マジックソード

まじっくそーど

『マジックソード』は、1990年にカプコンが発売した業務用の横スクロールアクションゲーム。
目次[非表示]

概要

勇者アラン(2Pは闘士ベルガー)を操作して、魔物が潜む恐るべき竜の塔を探索し、魔物を倒し、牢屋に捕らえられた仲間を救いながら、最終的に最上階にいる魔王ドラクマーを退治することが目的。マルチエンド方式で、ドラクマーが持つブラックオーブを壊すか、手に取るかでエンディングが異なる。残り人数なしのライフ制となっており、時間経過でライフが徐々に減少する。

プレイヤーは攻撃ボタンを押さない状態でいると、徐々にパワーゲージが増え、攻撃範囲と与えるダメージが増加する。また、メガクラッシュに相当する全体攻撃魔法【ゼニデイン】は画面上の敵をゼニーに変えてしまう緊急回避に長けた魔法である。
牢屋に捕らえられた仲間は、全部で8人(例外2人)。さまざまな攻撃方法でプレイヤーを援護してくれるうえに、ハートアイテムを取るか、連れている同じ仲間を救出することでショットのレベルが上がる(ただし、ショットレベルをダウンさせるリバースハートや、高得点が入るが仲間が即死になる死のはさみといったマイナスアイテムも存在する)。

スーパーファミコンにも移植されているが、こちらは2人同時プレイは出来なくなっている。

キャラクター

プレイヤー

アラン
1Pプレイヤー。剣を持った攻撃を得意とする勇者。
ベルガー
2Pプレイヤー。ハルバードを持った力ある攻撃を得意とする闘士。スーパーファミコン版は登場しない。

サポートキャラ

サーラ
赤いレオタードを着たアマゾネス。連射能力のあるボウガンを使う。序盤から仲間に出来るうえにレベルアップも早い。
ウウマ
射程は短いが、貫通能力のあるブーメラン型大斧を武器に戦う大男。レベルが上がると大斧の攻撃範囲が大きくなる。
二ウラ
レバー方向に高火力のマジックミサイル(ただし、アンデッド種のモンスターには効き目が低い)を放つ魔法使い。ある程度パワーゲージを溜めないと攻撃できない。また、体力面も難あり。初期レベルはフードをかぶっているが、レベル5以降になると素顔を見せる(スーパーファミコン版は最初から素顔のまま)。
デレク
隠し宝箱をみつけたり、宝箱の罠を見破ることが出来る盗賊。敵として登場するが、マジックアイテムのリングを持った状態で倒すと仲間になってくれる。ナイフと爆弾が武器。
アリオー
パワーゲージを溜めて攻撃することでバリアーを張りながら、光の玉でアンデッドモンスターを高威力(アンデッド以外の敵は低ダメージ)で倒すことが出来る僧侶。二ウラと同じく、体力が低い。
ガイ
将軍ノブナガの命によりサムライソードを手に入れるため、竜の塔の探索に行った忍者。壁を跳ね返る手裏剣が武器だが、低火力。レベルアップすることで手裏剣の攻撃範囲が広がる。
ロタール
ステージ中盤より登場するナイト。貫通能力のある槍を投げつける。槍の速度も速いため、かなり強い。
リューゴー
ロタール同様、中盤から登場するリザードマン。高火力の剣を投げつける。レベルが上がると投げる剣の数も増える。敵として登場するが、マジックアイテムのリングを持った状態で倒すと仲間になってくれる。

動画



関連タグ

レトロゲーム スーパーファミコン アーケードゲーム カプコン

pixivに投稿された作品 pixivで「マジックソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16410

コメント