ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

『俺は、純粋にサッカーをやりたいんだ!』


概要編集

CV:置鮎龍太郎


ダークスポーツ財団のサッカーチーム「ダークプリンス」に所属していたサッカーリーガー。ダークプリンスのエースであるゴールドフットのパートナーとして活躍していたが、チームメイトのラフプレーに腹に据えかねて退団、後に彼の正々堂々としてプレーを好むヒロシ達や、突如彼の前に現れたマグナムエースに勧誘されてシルバーキャッスルに入団することになった。


活気あふれる若き熱血漢な性格であり、心の底からサッカーを愛するリーガーである。シルバーキャッスルに入団するまでサッカー以外のスポーツには無縁であった様子。やる気はあるが、自分の持ち合わせている力以上に無理をしているとのことで、物語序盤にはマグナムエースから説教されることもあった。※やや感情的になってしまうこともしばしば。


トレードマークは金髪をモチーフにしたポニーテールで、柔軟な素材で作られているため揺れ動かすことが可能である。



ダークスポーツ財団が誇る最新技術を駆使して製作されたリーガーであるため、通常のリーガーと同様のメンテナンスをする訳にもいかず、修理が間に合わないこともあった。

おまけに当初は遠隔操作で激痛を与える隠しチップまで仕込まれており、第1話の〆をダウン状態で飾る羽目に陥った。


OVAではマグナムエースと対照的な主役として描かれた。


必殺技は「マッハスピン」と「ジグザグシュート」。

合体技としては、マグナムエース、トップジョイとの連携による「マッハスピン(大回転)ミストラルボンバー」や、33話でゴールド三兄弟との合体技「トルネードスパイラル」を出している。



初期設定での名称は「ウインドボーイ」。設定変更がギリギリだったのか漫画版の第1話ではこの名前で登場しており、シルバー移籍をきっかけに心機一転、改名したという事になっている。



銀光の旗の下に編集

ワールドチャンピオンシップで見事優勝を果たし栄光を勝ち取ったシルバーキャッスル。

だが、突如としてオーナーが代わり自身を含めた栄光のメンバー達は試合終盤のみに出場されるという不遇な扱いを受けてしまう。


過去のダークスポーツ財団のようにラフファイトが主流となったシルバーキャッスルから脱退し『俺は・・・真のシルバーキャッスルを結成する!!!』と宣言、自らの左胸にエンブレムを刻んで飛び出した。


チーム結成は、かつて逸れてしまったリーガー達と勝負をして勧誘・構成していた。

だが、ウインディが結成したチームは同じ名前を持つ野良チームであった事もありシルバーに勝負を挑めなかった。

歴戦のリーガー達の力添えもあり、念願だったシルバーとの勝負が叶って【シルバーキャッスルVSシルバーキャッスル】の銀城の名誉をかけた試合を繰り広げていく・・・。




関連タグ編集

マッハウィンディ(公式の表記としては「イ」が大きい方が正しい)

疾風!アイアンリーガー サッカー サッカー選手 金髪 ポニーテール マグナムエース


ゼロ(ロックマン):金髪が特徴の同声ロボット

関連記事

親記事

疾風!アイアンリーガー しっぷうあいあんりーがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51966

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました