ピクシブ百科事典

マリーの架空世界

まりーのかくうせかい

じん(自然の敵P)によるVOCALOIDオリジナル楽曲。
目次[非表示]

切なる願いの話。
「嫌だ、嫌だよ。皆とお別れしたくない!」

「『さようなら』するのがどうしても嫌で、
 君とまた、明日を暮らしたくて、
 だから何度でも、私は繰り返すんだ」

概要

目を瞑る話。
じん(自然の敵P)によるカゲロウプロジェクト曲であり、アルバム「メカクシティレコーズ」収録曲。
カゲロウプロジェクト音楽編最終章

主人公はマリー
童謡を感じさせるゆったりとした曲調であり、語りかけるような歌詞の反面、途方もない切なさと哀愁も感じ取れる。
冒頭の前奏部では、時計の秒針を思わせるような音が刻まれている。

アルバムの初回限定版特典ブックレットでは、佐藤まひろ氏により書き下ろし漫画化されている。

余談

上記の通りこの曲は音楽編最終章であるが、実はじん氏により「音楽編はバッドエンド」と明言されている。
アルバムではこの次はInstrumentalのクライングプロローグで、その語り手もマリー
初回限定版特典ブックレットの漫画も意味深な内容となっている。

ちなみに歌詞中の「君」とは、十中八九「」のことだと思われる。

関連イラスト

「あのね、
【20日目】マリーの架空世界


架空世界
今日も明日も次の日も



関連タグ

じん(自然の敵P)  カゲロウプロジェクト メカクシティレコーズ マリー

Back:最終話アウターサイエンス
This:音楽編最終章マリーの架空世界
Next:EDサマータイムレコード

他の記事言語

Marie no Kakuu Sekai

pixivに投稿された作品 pixivで「マリーの架空世界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 422853

コメント