ピクシブ百科事典

チルドレンレコード

ちるどれんれこーど

じん(自然の敵P)によるVOCALOIDオリジナル楽曲。2012年7月21日にニコニコ動画に投稿された。
目次[非表示]

立ち向かう子供たちの話。
「少年少女は無我夢中。さぁ、ここから延長戦」

『繋いだ手の温度が、夜に震えるその前に
 もう一度、合図を鳴らそう。ここからが僕たちの延長戦だ』

概要

目に物見せる話。
じん(自然の敵P)氏のIAオリジナル楽曲。
カゲロウプロジェクトオープニングテーマとなる楽曲。これまでに公開されたカゲロウプロジェクト楽曲を彷彿とさせる歌詞やメロディーが散りばめられている。

PVはお馴染みしづ氏。
氏の制作したこれまでのPVとは違い、アニメーションの技術が使われており、しづ氏のイラストレーターとしての進化が感じられる。
PVにはこれまでのカゲロウプロジェクトキャラクター全員が登場しているほか、本曲で初登場するキャラも数人見られる。
しづ氏曰く、PVの内容はアニメのノリを意識したものとなっている。(詳細はこちら)よって、PVの内容は鵜呑みにしない方がよいと思われる。

その注目度から投稿後わずか20分で1万再生を記録、さらに投稿から18時間ほどでVOCALOID殿堂入り(10万再生)を達成した。

2012年8月15日、この曲を収録したシングルCDが発売された。
そして、じん氏2ndアルバム「メカクシティレコーズ」にリニューアルバージョンで収録。
4月のVOCALOID歌謡祭では1位となった。


登場キャラクター

PVに登場するキャラクター達は上記したように、「カゲロウプロジェクトの銘打って発表された楽曲・メディアミックスに登場するキャラクター」「チルドレンレコードにて初登場の新キャラクター」に分類される。
当時専用曲がなかったカノセトシオンは勿論のこと(セトとシオンは想像フォレストでの存在感が非常に大きかったが)、ニコニコ動画には投稿されず「メカクシティデイズ」のみに収録された曲の登場人物も登場する。
(「透明アンサー」の如月シンタローアヤノ。「デッドアンドシーク」のケンジロウ。「シニガミレコード」のアザミなど)

また後の最終話アウターサイエンスを匂わせる描写もある。

想像フォレスト」や「如月アテンション」、「小説版」にて登場したマリーは人見知りが激しく、おどおどとした行動をし、心を開いているのはセトなどのメカクシ団員だけという性格だった。

だが、今回のPVに登場したマリーは目つきがガラリと変わり、普段のマリーからは想像できない赤く、冷徹な眼差しをしていた。
メデューサ一家の悲しき宿命と『目が冴える蛇』の策謀に立ち向かう怒りと決意を匂わせている。

たった数秒程度しか登場していないが、当時からイラストが投稿されるほど人気を博していた。
ファンからは「黒コノハ」や「クロハ」との愛称が存在する。
しづ氏がtwitter内で公開した公式イラストでは瞳の色が黄色であった。

後姿しか確認できないが、髪や服などコノハでは白かった部分が全て黒く変化している。
少し見えた横顔は口元が怪しく笑っており、これからの物語に何か重要なキーになる可能性を匂わせていた。

実際、漫画版のアナザーストーリー、ロスタイムメモリー及びアウターサイエンスではメカクシ団最大の敵として成り果てる描写もあった。
まさにラスボス的なポジションとしての登場と言える。

余談

チルドレンレコードには、「子供たち(=Children)の記録(=Recode)」と「子供たちが再び(=Re)理不尽に立ち向かう作戦(=Code)」という二つの意味をもち、この曲には「もし大人や社会に理不尽な目に遭わされたなら現状を受け入れてはいけない。納得できないなら立ち向かえ!」というメッセージが込められている。

動画


ニコニコ動画はこちら

関連イラスト

「合図が終わる」
目に物見せる
チルドレンレコード
とばせ
延長戦



関連タグ

じん(自然の敵P) しづ
カゲロウプロジェクト
メカクシ団

This:OPチルドレンレコード
Next:第1話人造エネミー

他の記事言語

Children Record

pixivに投稿された作品 pixivで「チルドレンレコード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2900717

コメント