ピクシブ百科事典

コノハの世界事情

このはのせかいじじょう

じん(自然の敵P)氏によるVOCALOIDオリジナル楽曲。2012年3月30日に投稿された。
目次[非表示]

目が醒めるニンゲンの話。
「例えば、そんな未来なら。」

「何度も繰り返される未来を
 ユラユラと揺れながら僕は 
  いつまでも反対車線で見ていた」

概要

目を醒ます話。
終わらない世界の話。

じん(自然の敵P)8作目となるカゲロウプロジェクト曲。ハイテンポなロック調の曲となっている。
登場キャラクターはコノハ
また、この動画の説明文でじん氏が1stフルアルバムメカクシティデイズにてメジャーデビューが決定
さらにカゲロウデイズ」が小説化、及び漫画化することが発表された。
また、アニメ「メカクシティアクターズ」の第7話のサブタイトルに使用されている。

さらに今回はそれまでの楽曲と比べて豪華な点がいくつかある。。

  • ボーカルにはPが愛用してきた初音ミクIAの両方を使用。
  • 同Pの人気曲「カゲロウデイズ」や「ヘッドフォンアクター」の世界観を内包したストーリーで、メロディーの一部にもカゲロウデイズと同じフレーズが用いられている。
  • 動画は、しづ氏とわんにゃんぷー氏の合同。
  • じん(自然の敵P)オリジナル曲初の生演奏音源。ギターは「弾いてみた」で人気を博している中西氏が担当している。
  • 動画の最後には、これまでじん氏が作曲したカゲロウプロジェクト楽曲(ニコニコ未投稿のものも含む)のキャラクターが総出演している

氏のオリジナル曲の中で最も手の込んだ動画に仕上がっており、まさにここまでの集大成と呼ぶにふさわしい一曲となった。

驚異的な伸び方で、投稿から約24時間25分ほどでVOCALOID殿堂入り(10万再生)を記録
さらに、4ヶ月後VOCALOID伝説入り(100万再生)を記録

動画



ニコニコ動画はこちら

関連イラスト

ネバーエンディングサイクル
コノハの世界事情


ユラユラ揺れる透ける身体じゃ 伸ばした手も届かなくて
水色の夢



関連タグ

じん(自然の敵P) しづ わんにゃんぷー
カゲロウプロジェクト
コノハ(カゲロウプロジェクト) ヒビヤ ヒヨリ(カゲロウプロジェクト)
カゲロウデイズ ヘッドフォンアクター

Back:第7話エネの電脳紀行
This:第8話コノハの世界事情
Next:第9話如月アテンション

アニメBack:第6話ヘッドフォンアクター
アニメThis:第7話コノハの世界事情
アニメNext:第8話ロスタイムメモリー

他の記事言語

Konoha no Sekai Jijou

pixivに投稿された作品 pixivで「コノハの世界事情」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3565933

コメント