ピクシブ百科事典

マリーベル(漫画)

まりーべる

「マリーベル」とは、上原きみ子による日本の漫画作品。
目次[非表示]

概要

「マリーベル」とは、上原きみ子による日本の漫画作品。
1978年から1980年にかけて、小学館の少女漫画雑誌『少女コミック』に連載された。単行本は全12巻(フラワーコミックス)。後に講談社より講談社漫画文庫として文庫版が全6巻で刊行された。

『ロリィの青春』、『炎のロマンス』に続く、上原きみ子の代表作。

18世紀後半のフランスを舞台に、フランス人の少女・マリーベルがフランス革命という激動の時代の波に翻弄されながらも、生き別れの兄を探しながら舞台女優として生きてゆく姿を描いた演劇・歴史漫画である。

作品解説

18世紀後半、イギリスでランバート公爵家に拾われた少女マリーベルは、共に拾われた兄に「必ず迎えに行くから」と一人残されてしまう。やがてマリーベルは美しく成長し、後継ぎで幼馴染みのロベールと幼い愛を育む。だが、公爵家の跡取りと捨て子という身分違いのため恋を諦め、生き別れの兄アントワーヌを探すためもあってフランスに渡ると決意。

ロベールに嘘を吐く為に知り合った演劇青年のレアンドル率いる旅芝居の一座で演劇に触れ、女優への道を志すようになるマリーベル。素人ながら舞台に叩き出され、少しずつ演劇の才能に目覚めていくマリーベル、それを見守るレアンドル。そしてある事がきっかけとなり、マリーベルは兄とは知らずアントワーヌに再会。アントワーヌも、マリーベルが妹だと気付くも彼女に負い目を感じて素性を打ち明けない。

一方、レアンドルの母親は息子を義理の妹でコメディ・フランセーズの名女優、ジャンヌ・ド・モローと婚約させようと図る。マリーベルを想うレアンドルはそれを拒否し、彼女に演劇の道を歩んで欲しいと願って自らを犠牲にし、ジャンヌの手下に殺されてしまう。復讐を誓ったマリーベルはジャンヌを「コメディ・フランセーズの女王」の座から引きずり落とすべく、演劇学校へ入学。今までの演劇界を変える大胆な芝居が人気となり、マリーベルは民衆のアイドルとなり、ジャンヌは彼女を自分と全く違う芝居をする唯一のライバルとして認めていく。

やがてフランスで初恋の人ロベールにそっくりなジュリアンと知り合ったマリーベル。進歩的な生き方をする彼女に惹かれていくジュリアンであったが、マリーベルの平民支持が宮廷の反感を買い、革命の嵐に巻き込まれて演劇界を追放されるなど苦難に立たされる。
更にジュリアンを通じてマリーベルの出生が貴族であることが発覚、貴族と平民、その在り方に疑問を感じていく。ロベールと瓜二つなジュリアンの間で揺れるが、二人は決裂する。

革命が激化するに連れマリーベルも反革命の容疑にかけられるが、議員になった兄のアントワーヌ(以降サン・ジュスト)に弁護され、妹だと公然の場で打ち明ける。
しかし国民のヒーロー的な立場のサン・ジュストと、民衆のアイドルとなったマリーベルが生き別れの兄妹と信じない民衆からは恋仲を疑われる。

そして偶然からロベールと再会、彼と婚約。しかしサン・ジュストとマリーベルの噂を聞いたロベールと真実を伝えることが出来ないマリーベルでお互い誤解を生み、婚約を解消してしまう。

やがて激しくなった革命の時代はマリーベルの身の周りの人間を次々に巻き込んで手にかけていく。
打ち続く悲劇に、絶望してドーバーの町外れの白い花の咲く丘に帰ったマリーベルは、そこで待っていたロベールと再会。
彼と幸福になることを誓うのだった。

主な登場人物

マリーベル
金髪碧眼、吸い込まれそうな大きな瞳の美少女。フランスに生まれるが、1778年、5歳のときに家を追われ、兄とともに貨物船で対岸のイギリスに捨てられた。3歳上のロベール・ランバートと惹かれ合うが身を引き、その後も出会った数々の男性と恋を育む。
芝居に魅了され、徐々に民衆のアイドルとなり、唯一の国家運営劇団コメディ・フランセーズの女王ジャンヌと対立していく。

ロベール・ランバート
マリーベルの運命の恋人。マリーベルが身を寄せたランバート公爵の後継ぎだが、病弱であったためドーバーの別荘で暮らしていた。身分違いを理由にマリーベルとの結婚が叶わず、マーガレット王女と婚約させられるが、自堕落な生活から婚約は破棄。後にマリーベルと再会するもサン・ジュストの恋人だという噂を聞き、距離を置いた。その後、ふたりが兄妹だと知って、マリーベルと和解した。

レアンドル
マリーベルが偶然知り合った旅一座の若き座長。マリーベルがロベールと別れる際大役をこなす。その後もマリーベルの面倒を見るうち彼女に惹かれていく。しかしジャンヌとの婚約を拒否し、マリーベルと逃亡計画を練るが、マリーベルに芝居の才能を見出し、演劇の道から引き離してはいけないと断念、ジャンヌの一味によって殺された。その後もマリーベルの人生に大きな影響を齎した。
作者曰く、ロベールは最後までレアンドルを超えられなかったとか。

ジャンヌ・ド・モロー
国家運営劇団コメディ・フランセーズの女王と謳われる貴族女優。マリーベルの宿敵。
演劇に人生を捧げており、たとえ他の全てを失おうと自身が血と汗をかけて手に入れた「コメディ・フランセーズの女王」の立場だけは奪わせはしない、誰であろうと受けて立つとまで語る。また名女優と言われるだけあって自身の芝居には自信があり、マリーベルの素のままの演技を「死んでもできないだろう」と考えている。しかし、マリーベルのことはライバルとして認めており、レアンドル同様、彼女に演劇の才能を見出した一人。
因みに自分のせいで亡くなったレアンドルに対しては最終的に惹かれていた様子で、彼の作品を演じることで自身の負い目をなくそうとしていた。
その後、マリーベルの兄であるサン・ジュストと恋仲になるが……残酷な真実を知らぬまま、革命の渦に巻き込まれていく。

ルイ・アントワーヌ・フロレル・ド・サン・ジュスト
実際にいる人物。マリーベルの兄という設定。
幼い妹を残し流浪の生活を送り、マリーベルと再会。懸命に生きる彼女を見て負い目を感じ兄と名乗らず、その後も「自分に妹はいない」とマリーベルを突き放す。しかし、彼女が裁判にかかった際弁護、その場で兄と名乗る。
あるきっかけでジャンヌに目の敵にされた後、やがて惹かれて合う。が、ジャンヌの出生を知り、衝撃を受ける。

ジュリアン
ロベールに瓜二つな貴族の青年。兄にオリビエ、弟にフランソワと三兄弟の次男。
父が役者の女に浮気したことから役者嫌いで、マリーベルに対しても「役者は大っ嫌いなんだ」と軽蔑する。しかし徐々にマリーベルの生き方に惚れ込み、彼女に貢献していく。
最初はマリーベルに対してロベールの代わりでいいからそばに居たいと考えていたが、自分を見て欲しいと感じるようになる。だがマリーベルからロベールの面影が消えないと悟り、彼女の前から姿を消し、ロベールの身代わりとなって自らを犠牲にする。

フランソワ
ジュリアンの弟。病弱で、初めはマリーベルを父の浮気相手の一人と勘違いした。
マリーベルを見守ることしかできないと身を引いていたが、過激化した平民に襲われ、マリーベルの元へ転がり込み、彼女を支えていった。

その他の登場人物

シモーヌ
平民の娘。マリーベルとともに暮らし、姉の遺児のピエールを育てている、良き友人。
マリーベルに気があると知りつつジュリアンを慕っていた。一時期、お金の無さからマリーベルに隠れて当たり屋をしていた。

リリアナ
マリーベルとサン・ジュストが捨てられたきっかけとなった人物。ある意味では全ての元凶。
実はジャンヌの母親で、周りには彼女のファンを名乗る。

フィリップ
ジャンヌの取り巻きで、ジャンヌの部下のような立場の貴族。
ジャンヌを真剣に思い、命を落とすほどだが、彼女が振り向いたらこの恋はおしまいだと語る。
マリーベルはジャンヌのライバルとして邪険に考えているが、マリーベルとジャンヌが似通った面がある、と見抜いていた。

マーガレット
国王の姪。ロベールを慕うもマリーベルの存在から見守るだけだったが、ロベールを侮辱された怒りと彼を庇う気持ちから自分はロベールの婚約者だと口走り、最終的に国民の決定で婚約する。
ロベールが自堕落な生活に堕ちても彼を信じていた。後に従兄弟のクレランス皇太子と結婚。

関連タグ

上原きみ子 少女漫画 フランス イギリス 歴史
紅はこべ …この作品が生まれるきっかけとなった
ベルサイユのばら …同時期に同じフランスが舞台の作品

関連記事

親記事

上原きみ子 うえはらきみこ

兄弟記事

コメント