ピクシブ百科事典

マールス

まーるす

ローマ神話における戦と農耕の神(豊穣神なので性愛も入っていることが多い)。ローマ神話ではユピテル以前の最高神だったという。
目次[非表示]

Māvors 

  • Māmers 

元の名はマーウォルス(マウォルス、Māvors)であるらしく、
また、マーメルス(マメルス、Māmers)とも呼ばれていた。
ギリシア神話のアレスと同一視され、
軍神としてグラディーウゥスグラディウス、Gradīvus、「進軍する者」の意)という異称でも呼ばれる。

疫病神のように思われて全く良い神話のないアレースに対し、マールス(マルス)は勇敢な戦士、青年の理想像として慕われ、主神なみに篤く崇拝された重要な神である。
聖獣はアレス同じく狼、アレスと同じく聖鳥はキツツキである。

3月の神

マールスは他のローマ神話のどの神とも違いローマ建国時に既にローマにいた神であった。
3月の神であるのも、気候がよくなり軍隊を動かす季節と一致する、これが農耕の始まる季節に一致している、当時のローマ暦は新年は農耕の始まる3月におかれた。

最高神

主神と同様に扱われたためにローマ建設者とされる初代ロムルス王の父親という伝承が残されている。

もともとローマ人農耕民族であったため、マールスも元々は農耕神である。
勇敢に戦い領地を増やしたロムルス王と像が重なり、
後に軍神としても祭られるようになったと考えられていた。

伝承初期は地下神であった。
地下に眠る死者との関連づけから軍神モートになったとする説もあった。

現在ではインド・ヨーロッパ語族比較神話学の進歩によりマールスは本来軍神でありとされた。
マールスの名前はインド・ヨーロッパ語族とは関係のないエトルリア人に崇拝された神マリスを原型としている。

火星の神

マールスは天体の火星とも同一視されている。

火曜日の名前

スペイン語では火曜日を「martes」と呼ぶが、本来は「軍神マルスの日」を意味する語である。

代名詞

マールスは男性の武勇や闘争心を表す比喩として用いられたり、軍神の代名詞として用いられる事も多い。
ウェヌス(ヴィーナス)が「愛」「女性」を象徴するのに対して、
マールスは「武勇」「男性」「火星」の象徴として用いられる事も多い。

♂マーク

性別記号で男性は「」と表記されるが、本来はマールスを意味する記号である。

pixivに投稿された作品 pixivで「マールス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 508

コメント