ピクシブ百科事典

ムスサウルス

むすさうるす

三畳紀後期のアルゼンチンに生息していた植物食恐竜の一種である。

概要

三畳紀後期の中型の植物食恐竜。名前の由来は「ハツカネズミのようなトカゲ」を意味する。
凡そ2億1500万年前に生息した プラテオサウルス等の古竜脚類の仲間である。化石と共に産まれたばかりの幼体のみ発見されて、その大きさはわずか20cmほどであった。成体は2~3m程の大きさに成長すると見られている。

関連項目

恐竜 竜脚類 古竜脚類
プラテオサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ムスサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79

コメント