ピクシブ百科事典

メヌースー

めぬうすう

「メヌースー」とは、「不思議なソメラちゃん」に登場する不思議生物である。
目次[非表示]

概要

謎多き生き物。無害そうな見た目に反して非常に凶暴であるため、迂闊に近寄ってはいけない。

外見が似ている実在の生物を挙げるとしたらアルパカであろう。4本足でとても首が長く、全身に毛が生えている。ただし、托卵するという設定があることから、哺乳類ではない可能性が高い。また、オスの個体とメスの個体が存在しているため、有性生殖であると考えられる。

アニメではほぼ毎回登場しているものの、原作での初登場は第2巻である。原作第2巻のカバー下にはメヌースーについての解説が存在している。

紹介コーナー

アニメのほとんどの話数で、冒頭にメヌースーの紹介コーナーが設けられており、その生態が解説されている。以下に、メヌースー登場シーンのキャストと解説をエピソードごとに示す。ネタバレ注意。

話数キャスト解説
壱乃拳メヌースー:長縄まりあ※ソメラとククルがメヌースーに接触する内容で、解説は付けられなかった。
弐乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:田中あいみメヌースー、アフリカ圏名ウェヌイスィーは、非常に珍しい生き物です。世界中で広く生息していますが、数はどの地域も極めて少なく、どのように繁殖したかはいまだ不明とされています。このコーナーではそんな不思議生物、メヌースーの生態についてご紹介していきます。
参乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー親:桃河りか/メヌースー仔:高橋花林/ニートの男:向清太朗(天津)メヌースーの親は、子供の成長を見ることはありません。何故なら、最寄のニートめがけて托卵するからです。
四乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:本渡楓まゆ毛を描こうとして近づいた人間が、毎年1万人弱亡くなっています。冗談が通じないのも、メヌースーならではの特徴です。
伍乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:木野日菜/女の子:高橋花林メヌースーは非常にストレスを受けやすい生き物のため、股間が平らな女性しか、跨ることができないのです。
六乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:茅野愛衣仲谷明香桃河りかオスのメヌースーは、メスの気を引くため、その季節にあわせた装飾を身に施すことがあります。しかしまれに、ミリタリー系の格好をしたメヌースーがいます。そしてこの格好が、1番メスにモテているのです。
七乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:本渡楓桃河りかメヌースーは日本の文化に密着しており、「地震雷メヌースー」、「猿も木からメヌースー」など、ことわざも多く存在しています。
八乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:大坪由佳メヌースーは、「メヌースー」という鳴き声を発します。この「メヌースー」という言葉は、古代ウータニア文明で、殺戮なき革命という意味です。
九乃拳N/A※アバンとオープニングが存在しない変則構成で、メヌースーの紹介コーナーもなかった。
拾乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:内田彩メヌースーの行動範囲は主に草原ですが、冬になると住宅街を徘徊します。これは、乾燥した時期は火事になりやすいことを知っているため、「人間を守ってあげたい」という非常に高度な意識のもと行なわれています。
拾壱乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:中村桜/女の子:内田真礼メヌースーは自分の魅力が半端ないことを自覚しているため、平気で異種交配しようとしてきます。その瞳で見つめられたら、その誘惑を拒否するのは非常に困難だと言われています。
拾弐乃拳メヌースー解説:高橋花林/メヌースー:内田真礼メヌースーは毛におおわれており、そのほとんどは白色(しろいろ)です。ごくまれに茶色いメヌースーがいますが、未来、または宇宙からやってきたと言われています。

関連イラスト

メヌースー
メヌースー


めぬーすー
「「「「「「「「「「めぬーすー」」」」」」」」」」



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「メヌースー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8796

コメント