ピクシブ百科事典

ユリシーズ(銀河英雄伝説)

ゆりしーず

「銀河英雄伝説」に登場する自由惑星同盟軍の標準型戦艦の1隻。
目次[非表示]

概説

  • 所属:自由惑星同盟軍第2艦隊⇒第8艦隊⇒第13艦隊(イゼルローン要塞駐留艦隊)⇒シャーウッドの動く森部隊⇒エル・ファシル革命予備軍⇒イゼルローン共和政府軍
  • 全長:624m
  • 主兵装:18㎝中性子ビーム砲×8門
  • 艦長:ニルソン中佐
  • 主な乗艦者:ヤン・ウェンリーユリアン・ミンツダスティ・アッテンボロー
  • 呼ばれ方:トイレを壊された戦艦、幸運の船、敵を連れてくる、じゃじゃ馬、等々・・・


 自由惑星同盟軍の標準型戦艦の1隻として就役。ナンバリングは913-Dで、艦長はニルソン中佐。艦長曰く『じゃじゃ馬』の戦艦で、他の者には操艦を任せることは出来ないと言う。劇中では終始ニルソン中佐が艦長を務め続けており、ユリシーズ共々、終戦までの激動の時代を生き抜いた生き証人でもある。

初登場は原作小説版1巻のアムリッツア会戦。アニメ版では劇場版の第四次ティアマト会戦

逸話

 ユリシーズには様々な逸話やネタ話が着いて回っている。小説版ではレグニッツァ遭遇戦で帝国軍を追い詰めようと側面から襲い掛かったが、共にいた友軍艦は運悪くミサイル発射口に強烈な雷を受けて轟沈したが、ユリシーズは免れた。

 さらにアムリッツァ決戦では、トイレの汚水処理システムに直撃を受けてしまった為に艦内が汚水に塗れてしまったと言うものである(漫画版では隔壁を閉じて対策を講じていた)。これが後々に笑いの種になっているが、本人達にとっては不快極まる不名誉な徒名であろう。

 敵を呼び込むという不運な気質も持っているようで、事実、ユリシーズら哨戒部隊(または訓練部隊として)が出る度にアイヘンドルフ艦隊、ガイエスブルグ要塞ロイエンタール艦隊らを連れてきている。。なお、ロイエンタール艦隊の際に戦闘準備を問われたニルソンはこう答えた。「阿呆、イゼルローン駐留艦隊は不敗である。その不敗たる由縁は、勝算の無い敵とは戦わないことにあるのだ。何をしている、さっさと逃げ出さんか!」とヤンの思想を良くも悪くも受けていたようで、素早い撤退行動を見せている。

 また幸運だからと言う理由で、イゼルローン要塞放棄時には赤ん坊と婦人らを大量に乗艦させられる事態になり、ニルソンやクルー達は呆れ嘆いた

経歴

 作内における時系列順での初登場は、アニメ版の第四次ティアマト会戦で、この時は第2艦隊所属として戦っている。窮地に陥った同盟軍を救うべく囮役を引き受けたり、ブリュンヒルトの艦底部に肉薄するという危険を冒している。

 原作小説版では初出のアムリッツア会戦時は第8艦隊に所属。他の同盟艦隊同様、第8艦隊が崩壊するという絶望的な立場にあったが無事帰還、ただ軽微な損傷ですんだものの、壊れた箇所が逸話にもある通りの場所で、『トイレをこわされた戦艦』という有難くない徒名をもらってしまう。

 その後はいイゼルローン要塞の駐留艦隊として配属され、数々の戦いに参加。前述したように哨戒活動に出る度に敵を連れてくるため、堅物ムライにして「あの艦は出る度に敵を連れてくるから、哨戒活動に出さない方が良い」と冗談とも本気ともとりかねない事を言われてしまう

 バーミリオン会戦で停戦した後、こっそりとシャーウッドの動く森に随伴し離脱。エル・ファシル革命予備軍として参加し、同時に艦隊総旗艦として大出世することとなった。回廊の戦いで激戦を生き抜いたが、その後のヤン暗殺の阻止だけは僅かな時間さもあって間に合うことが出来なかった。

 ヤン亡き後にイゼルローン共和政府へ改名され、ユリシーズは続けてイゼルローン軍の総旗艦となる。新司令官ユリアンを乗せて、ワーレン艦隊やヴァーゲンザイル艦隊を相手に戦い、最期の決戦であるシヴァ会戦でも生き延びる。

 しかし長年の戦闘と、被弾の蓄積等で戦闘能力の大半を喪失しており、半ば病院船と化しつつも物語終結まで生き延びた、まさに幸運の船に相応しい戦い振りであった。

関連タグ

ヤン・ウェンリー 自由惑星同盟 イゼルローン革命軍 ヒューベリオン ユリアン・ミンツ ニルソン 自由惑星同盟軍艦艇

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリシーズ(銀河英雄伝説)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 451

コメント