ピクシブ百科事典

ラヴィニア・ウェイトリー

らびぃにあうぇいとりー

ホラー小説「ダンウィッチの怪」の登場人物

Fate/GrandOrder』の登場人物について→ラヴィニア・ウェイトリー(Fate)
メイン画像はラヴィニア・ウェイトリー(Fate)

概要

ダンウィッチ一帯に住む呪われた家系ウェイトリイ一族の者。
身体にやや障害がある、不器量な白化症の女性。12歳のときに母親が不可解な変死で亡くなっている。
父親である老ウェイトリーによって、太古の伝承を教え込まれる。
1913年2月2日(日)午前5時、35歳の時、双子を出産。

1人はウィルバーと名付ける。
ウィルバーが生まれた当初は息子を自慢していたが、老ウェイトリーの没後、ウィルバーを恐れるようになり、1926年の万聖節以降、姿を現さなくなった。
そのことから父の真意や息子の正体については気づいていなかったと思われる。

関連項目

ダンウィッチの怪

pixivに投稿された作品 pixivで「ラヴィニア・ウェイトリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 457541

コメント