ピクシブ百科事典

ダンウィッチの怪

だんうぃっちのかい

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトのホラー小説の一冊。「ダニッチの怪」とも
目次[非表示]

概要

「ダンウィッチの怪(The Dunwich Horror)」とは、H.P.ラヴクラフト1928年に執筆したホラー小説。「ダニッチの怪」「悪魔の落し子」とも
邪神、魔導書、退廃した一族、そして世間から隔離された土地といった、クトゥルー神話を形成する重要な要素が全て盛り込まれている作品。1962年に漫画家水木しげるによって舞台を島根県に置き換えて『地底の足音』というタイトルで翻案され、1970年ダニエル・ハラーによって映画化されている。

ストーリー

舞台は1910年代の米国北部、狂乱の20年代を迎える前夜のマサチューセッツ州。
目覚しい発展を続ける工業と流入し続ける大量の移民の前に混乱を極めた時代。それに逆行するかのように、農村部では未だ貧困と迷信とが蔓延っていた。
そんな農村部の中でも一際、異彩を放っていたのが、無口なカトリック信者が多く住まうダンウィッチ村であった。
1913年、事件の始まりを告げるように夜鷹が夜通し鳴き続け、犬という犬が吠え続ける、2月2日の聖燭節の夜に生まれた『ウィルバー・ウェイトリー』も、父の知られぬ身でありながら、カトリックの教えに従い堕胎される事無く産み落とされた───

登場人物

ウィルバー・ウェイトリー
この物語の主人公的存在。2月2日の聖燭祭の夜に異様な風貌で生まれた双子の兄。
ちなみに、ウィルバーの双子の弟は、兄よりもはるかに父親に似ているとされイブン・ハジの粉をかけられたことで姿を現し、呪文を唱えられたことによっての名を呼びつつ消滅している。

老ウェイトリー
ウィルバーの祖父で、ラヴィニアの父。1924年に孫に忠告を残して亡くなる

ラヴィニア・ウェイトリー
ウィルバーの母親で、老ウェイトリーの娘。12歳のころに母親が変死
やや体に障害のあるアルビノで、ウェイトリー家に遺伝する貧弱な顎をのぞいては、
色黒な息子達とは似ていない。

ヘンリー・アーミテッジ
1928年当時のミスカトニック大学図書館長。73歳。
ミスカトニック大学文学修士、プリンストン大学哲学博士、ジョンズ・ホプキンス大学文学博士の学位を持つ。幅広い言語学の素養を身につけ、古代や中世の密儀の式文に通じている。
ウィルバーの没後、彼の日記を解読して恐ろしい怪物の存在を知り、同僚のライスとモーガンを連れてダニッチを訪れる。

ウォーラン・ライス
アーミテッジ博士と共に怪物退治に来た教授。

フランシス・モーガン
アーミテッジ博士,ライス教授と共に、怪物退治に来た博士。

フライ・エルマー
1928年の収穫祭から秋分にかけてダンウィッチで起きた一連の事件で、最初に犠牲になった人物。ウィルバーの双子の兄弟に襲われたのは、9月13日(木)の午前3時頃のこと。

ホードリイ・アバイジャ
1747年にダンウィッチの会衆派教会に赴任してきた牧師。
説教の中で、ダンウィッチの山中で聞こえる音について語り、その後間もなくして行方不明

Dr.ホートン
アイルズベリイの医師。
1924年の収穫祭の夜、ウィルバー・ウェイトリイの祖父である老ウェイトリーの臨終に立ち会った。

ディー・ジョン
16世紀イギリスに実在した数学者にして魔術師。
ダンウィッチの怪ではネクロノミコンの英訳を行ったとされる。

■■■■
外なる神。
人間との間に子供をもうけることがあり、ラヴィニア・ウェイトリーに双子を産ませている。

関連項目

クトゥルフ神話 ラヴクラフト
ダンウィッチ アーカム

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンウィッチの怪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131993

コメント