ピクシブ百科事典

リチャード・アンダーソン

りちゃーどあんだーそん

金田一少年の事件簿の登場人物で「蝋人形城殺人事件」の容疑者の一人でイギリスの犯罪心理学者にしてみんなのトラウマである。
目次[非表示]

「コロサレテタマルカ」

CV:梅津秀行/演:ロナルド・ハルトン

概要

「蝋人形殺人事件」の容疑者の一人で中年男性。一般にイギリス紳士と言われているだけあり普段は紳士的で温厚な性格だが本性は悪質かつ粗暴。片言の日本語を話しているが、実は日本語は普通に話すことができ日本で起きた三億円事件の犯人の一人である。

二番目の被害者としてMrレッドラムこと多岐川かほるにより鉄の処女ことアイアンメイデンに生きたまま入れられ内部の針で全身を串刺しにされてジワジワと止血死した。後に死体は自称ドイツ監察医であるマリア・フリードリヒに検死され、死後2時間立っていることが判明した。

過去に多岐川を裏切り、多岐川の恋人である3億円事件の主犯狭山恭次をスコップで撲殺している。その為、このような残酷な殺され方をしたのだが悪いのは狭山でリチャードは巻き添えの為、いくらなんでも気の毒である。

備考

  • 狭山が父親でないなら、リチャードが高遠遙一月読ジゼルの父親である可能性がある。外国人で当時、1億円という大金を手に入れ資産家となっていた為であるがあくまでネタである。





余談

  • 鉄の処女で殺害されるシーンはドラマでは完全再現されたが、アニメではただの撲殺となった。



関連タグ

金田一少年の事件簿 マリア・フリードリヒ
学者 みんなのトラウマ 紳士 高遠遙一の父親

コメント