ピクシブ百科事典

ロバート・キャラハン教授

ろばーときゃらはんきょうじゅ

ベイマックスに登場するキャラクター。 (本項目はベイマックスのネタバレを含みます!)
目次[非表示]

概要

 ロバート・キャラハン教授とはベイマックスの登場人物である。
(CV:英:ジェームズ・クロムウェル 吹き替え:金田明夫

人物

 サンフランソウキョウ工科大学で教鞭を取る、タダシ達の指導教授。ロボット工学の第一人者として多くの人から尊敬を集めており、彼の研究にはヒロも多大な影響を受けた。ヒロがロボット・ファイトのために発明したマイクロボットを作ったのも彼である。
 本人曰く、「娘も小さいころよくはまっていた」とのこと。
 アリステア・クレイが科学技術を「利益優先」で扱う姿勢を批判しており、彼とは犬猿の仲。

ネタバレ

以下ネタバレ注意!!


















 彼は今作のディズニー・ヴィランズである。
 ロボット工学で尊敬されている彼だが、クレイへの復讐を企てていた。そのため、自ら会場を火災に巻き込み、ヒロが開発したマイクロボットを神経トランスミッターで操り、彼はヒロの発明品で命拾いするが、彼を助けに行こうとしたタダシはその火災で命を落とし、帰らぬ人となってしまい、ヒロは心を閉ざす。
 クレイへの復讐とは、彼が発明した転送装置に最愛の娘であるアビゲイル・キャラハンをポッドに乗せるが、その途中異常があると部下に指摘されるが、「構わず実行しろ。」と押し付け、アビゲイルを転送の実験台にするが、その装置が爆発。装置の異空間に閉じ込められたアビゲイルを犠牲にしたと思い、キャラハンは彼への復讐を企てることに。
 ヒロは兄の死の謎を解こうとして、ベイマックスをバージョンアップさせ、ゴーゴー達4人と共に、彼を探すことにする。最初はクレイが火災の犯人だと思い込むヒロ達。マイクロボットを操り、彼らを襲うが、仮面をヒロに盗られ、彼が問題の発端であることを知る。
 兄の命を犠牲にしたのに「余計なことをするからだ!!」と言われ、腹を立てたヒロはベイマックスのデータを戦闘プログラムだけにし、「やれ、ベイマックス!叩き潰せ!!」と指示され、暴走したベイマックスに殺されそうになるが、ゴーゴー達に止められ、ベイマックスは暴走が止む。そのあと、仮面を奪取し、逃亡した。
 クレイの記者会見の途中、復讐するために彼の元に現れ、娘を奪ったと憎悪するキャラハンだが、
ヒロ達に辞めるよう言われても、復讐する考えを変えず、彼の転送装置を使い彼の築き上げた功績を消そうとしていた。
 だが、マイクロボット達が転送装置に吸い込まれ、止めをさそうとするが、数が減ったのでヒロとベイマックスを始末できず、仮面を盗られる。
 残った転送装置から生命反応をキャッチしたベイマックスは行方不明になったアビゲイルの反応に気づく。彼女はヒロとベイマックスに助けられ、病院に搬送された。
 因みにキャラハンは悪役ではあるが、我欲でなく過去の事件により心が歪曲してしまった「哀しき悪役」として描かれている。最終的には逮捕されるが生存しており、娘との再会を予感させる形で退場する。

関連タグ

ベイマックス ヒロ・ハマダ タダシ・ハマダ ディズニー・ヴィランズ

この記事のカテゴリ

ベイマックス ディズニー・ヴィランズ

コメント