ピクシブ百科事典

ロリジジイ

ろりじじい

ロリジジイとは、ロリとジジイという相反する属性を兼ね備えた存在である。
目次[非表示]

ロリジジイとはきもとかなた氏(pixiv)によって生み出された全く新しいジャンルの萌えである。
きもと氏は「翁の娘(オキナノコ)」という名称も用いている。
以後、一般化(?)し、版権作品でも該当するキャラクターが見られるようになった。
見た目はロリ(幼い美少女)だが、何らかの要素がジジイであるのがポイント。
グランブルーファンタジー』のカリオストロの場合、錬金術で生み出した正真正銘の女の子の体に、ジジイの魂(精神)が入っている状態である。

 本項目では主に、ロリジジイことエリック・ガーウェンクルフ(通称・エリィ)が登場する漫画作品『チックタッククロック』について記述する。

概要

 『チックタッククロック』は、元々きもとかなた氏が新人賞に投稿し、あえなく落選した漫画作品である。
 その後、pixivに投稿されると、ロリジジイという全く新しいジャンルによって一躍人気を博した。

ストーリー

 (本編より一部抜粋)
 20世紀はじめに発明された「時計機関」で全ての機械が動いている町での物語り。
 時計機関は教会により管理され、その整備・修理をする時計技師の主人公ギムとロリジジイ(エリィ)を中心として物語が作られている。

 当初はバトル要素が強かったが、pixivに多くあげられている短編ではむしろギムとロリジジイことエリック・ガーウェンクルフのドタバタコメディ的な要素の方が強い。

キャラクター


ギム

 主人公。
 エリィに付き纏われて受難な日々を送るが、割といい思いをしている気がしないでもない。
 教会に所属する時計技師のだが、あまり階級は高くない模様。

エリック・ガーウェンクルフ

 通称エリィ。基本的に本名で呼ばれることは少ない。
 ギムを悩殺しようとしたりギムの下着をかぶったりする。
 ついでに言うと下にはついてる。だが女性下着売り場に出没したりもする。
 物語が進むにつれて変態化が加速していっているが、本当はGOCシリーズという時計機関を発明したG(グランドファザー)と呼ばれる偉い人だったりする。教会ではかなりの地位にいる模様。
 昔に起こった時計機関の事故によって幼い姿になっているが、実際は100歳。ちなみに女装は趣味だと思われる。
 シリアス展開ではかなりの実力を発揮するが、基本的に変態。

イスリア・ラピッドビート

 通称イス。
 物語のヒロイン的位置だったがロリジジイの存在感があり過ぎていまいち目立っていない不遇な娘。
 ウサ耳の様なものを頭部につけており、髪は黒いポニーテール
 ギム曰く料理は全然ダメらしい。

ヴェルヴィア

 教会ではトップクラスの実力者だと思われる《十二時隊時針》。
 戦闘では時計機関を組み込んだ人形の様な武器を使う。
 エリィをかばって重傷を負うなどしているが、その前の話しでちゃっかりイスのを揉んでいたりもする。

ロバート・オウレン

 GOCシリーズの「鳩時計(カッコークロック)」を身体に組み込まれた人間。
 「鳩時計」に浸食され体の制御がきかなくなり時間凍結されていたのをゴードゥによっておこされ、時計盤破壊に協力させられていた模様。
 最期は一時的に人間だった時の人格が蘇りエリィとヴェルヴィアを逃がすためゴードゥと戦った。
 作中屈指のシリアスイケメンキャラ。

ゴードゥ

 大柄な黒服の男。
 シリアス展開の黒幕と思われるCCW(カウンター・クロック・ワイズ)の一員。

用語


ロリジジイ

 『チックタッククロック』で欠かせないキーワード。ヒロイン(?)であり主人公でもあるエリィのことで、作者はロリジジイを流行らせるためにこの漫画を描いているといっても過言ではない。

時計機関

 20世紀初めに発明された動力機関で、漫画の舞台となる町の全ての機械を動かしている。

GOCシリーズ「おじいさんの古時計」

 天才時計技師Gが発明した時計機関で、有名な物が数多くある模様。
 作中に出てきたGOCシリーズは「大時計」「時計甲冑」「鳩時計」

関連タグ

 漫画 男の娘 ショタジジイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロリジジイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 551918

コメント