ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ローライフレックス(Rolleiflex)は、ドイツローライが販売している一連のレフレックスカメラ。

概要

二眼レフカメラのブランドとして有名で、Pixivでもほぼすべての作品が二眼レフを描いたものだが、6×6版や35mmの一眼レフカメラ(ローライフレックスSL)や、二眼レフカメラをモチーフにしたトイデジタルカメラ(ローライフレックスミニデジ)も「ローライフレックス」を名乗っている。

主なモデル

二眼レフ

1929年にフランケ&ハイデッケ(Franke & Heidecke)が二眼レフカメラ 初代「ローライフレックス」を発売。

以後、カメラとアクセサリーのラインナップを増やしながらフランケ&ハイデッケおよび改称したローライの看板商品となった。

ローライフレックスは上級機という位置付けで、普及機として1933年に下位モデル「ローライコード」が発売されている。


現在では、ローライコードは1962年に発売された『ローライコード Ⅴb』を最後に廃止されたもののローライフレックスは現在でも生産が続けられている。

一眼レフ

ローライフレックスSLを名乗った。

120フィルムを使用する中版と35mmが存在した。

このうち、120フィルムを使用するモデルは、フィルムバックをデジタルセンサに交換してデジタルカメラとすることが可能なモデルがある。


レンズ

レンズは主にカール・ツァイス(Carl・Zeiss)かシュナイダー(Schneider)で設計されたレンズが載せられた。一眼レフカメラ向け交換用レンズと、二願レフカメラ向けの接写用コンバーションレンズには、自社設計の「ローライナー」が存在した。


関連項目

カメラ 一眼レフ フィルム

関連記事

親記事

カメラ かめら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144064

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました