ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

10期の最終パック『ETERNITY CODE』(ETCO)で登場したエクシーズモンスター

テキスト

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/水属性/獣戦士族/攻2500/守1600
レベル5モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドのX素材を1つ取り除き、対象のモンスターを破壊する。自分フィールドに他の水属性Xモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドの他の水属性Xモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

解説

自身以外のX素材を取り除ける珍しいカードの一枚。
他の水属性Xモンスターを展開して並べれば、制圧要員にも使える点が強い。
さらに、10期の最終パックに収録されたカードであるため、初登場から三か月足らずでマスタールールが次の世代へ移行、EXモンスターゾーンとリンクマーカーに左右されなくなった新ルールでバハムート・シャーク餅カエルを始めとした水属性のXモンスターを出しやすくなったことも追い風となった。

構築や運用にもよるがNo.4猛毒刺胞ステルス・クラーゲンの登場で採用価値がやや落ちた。
クラーゲンはX召喚が水属性限定なことと、メインフェイズ以外での発動こそできないものの、レベル4のモンスター2体でX召喚、効果の発動にX素材が不要、対象に取らない破壊効果、破壊したモンスターの攻撃力の半分をバーンダメージにする点で優れているためである。
クラーゲンと差別化するとしたら、他のX素材を取り除ける点、攻撃力が2500でそれなりに戦闘が可能な点での差別化だろうか。また、このカード独自の効果として特定条件でデッキトップを操作できる点によって、RUM-七皇の剣などの魔法カードをデッキトップに置く運用もある。もっとも、RUMであれば他にもそれなりのデッキトップ操作が出来るモンスターも居るので、そちらとの競合が起きることもある。

余談

  • モチーフに関して

デザインはアニメ『遊戯王ZEXAL』の神代凌牙を意識している。
カード名のモチーフは、バリアンとのダブルミーニングの「ヴァリアント(勇気)」、神代凌牙の二つ名「シャーク」、「ブラック・レイ・ランサー」の三つで構成される。
「ヴァリアント」は「バリアン」との掛詞として有名で、バリアン七皇の本領が発揮されたパックのタイトルも「レガシー・オブ・ヴァリアント」である。
また、シャークモンスター扱いになったブラック・レイ・ランサー改め「ブラック・シャーク・ランサー」が元ネタの1つとされる。
攻撃力のモチーフは、アニメ『遊戯王ZEXAL』の「遊馬(アストラル)&凌牙vs陸王&海王」戦に登場した「通常魔法《アーマード・エクシーズ》の効果でNo.39希望皇ホープを装備したブラック・レイ・ランサーの姿」であると思われる。アニメのOP・EDでも鍔迫り合いをしている事もあるため、それらを踏まえているのかもしれない。
外見もホープを装備した姿と酷似する部分も多い。

関連タグ

遊戯王OCG
ブラック・レイ・ランサー

関連記事

親記事

ブラック・レイ・ランサー ぶらっくれいらんさー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヴァリアント・シャーク・ランサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました