ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

RUM-七皇の剣

らんくあっぷまじっくざせぶんすわん

「RUM-七皇の剣」とは、遊戯王カードにおける魔法カードの一つ
目次 [非表示]

概要

遊戯王ZEXALⅡにて登場したRUM(ランクアップマジック)の一種で、No100超えのナンバーズである「オーバーハンドレッド・ナンバーズ」専用のRUMである。

イラストは見出しの様にバリアン紋章北斗七星が描かれている。


誕生の経緯

記憶を取り戻したナッシュが来たる決戦の為にバリアン七皇に与えた。

初使用は「vsナッシュ」戦、および平行して行われていた七皇たちのデュエルで「バリアンズ・カオス・ドロー」により七皇6人が同時にドローして発動させた。

ちなみにベクターも所持しているはずだが、この時のデュエルでは一人観戦していたため唯一使用せず、その後のデュエルでも使わなかったため、彼だけが唯一の未使用決闘者である。(ナッシュとの因縁を考えれば素直にナッシュから与えられた力を使うとは思えないが)


アニメ版

通常魔法

自分のエクストラデッキ・フィールド上・墓地の「No.10X」と名のついたモンスターエクシーズ1体を選択して発動できる。(Xは1~7の任意の数値)選択したモンスターがエクストラデッキ・墓地に存在する場合、選択したモンスターを召喚条件を無視して自分フィールド上に特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

その後、選択したモンスターよりランクが1つ高い「C」と名のついたモンスターエクシーズ1体を、自分のエクストラデッキから、選択モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる。


解説

ご覧の通り、規格外と言える効果を持つ。

普通のRUMの様に扱えるだけでなく墓地やエクストラデッキからでも容赦なくエクシーズ召喚行えるというそれまでのエクシーズ召喚の根底を覆すものとなっている。

分かりやすく言えば「このカード1枚だけで切り札級のモンスターを一瞬にして召喚する」と言えばどれだけ凄まじいか想像に難くない。

しかもランクアップ効果を無視すれば元となったモンスターのランクより1つ高いCX(カオスエクシーズ)、CNo(カオスナンバーズ)のどれにでもランクアップ出来る(アニメでは割とランクアップ範囲が広いのは良くあることだが、これはその上を行く)。

ただしNo.101~106はランク4、No.107はランク8なので、実質ランク5もしくは9へのランクアップに限られるが。

更にこれだけ強力にもかかわらず発動時にコストも代償も制約も一切無しというとんでもない有様。

以上の様に明らかに1枚のカードが持っていいレベルの効果ではない(事実、この効果を遠くから見ていたベクターも「人間共が束になっても勝てる訳がない」と感想を述べている)。

ナッシュの言う「人間には到達出来ないカオスの深淵」にふさわしいカードである。


そして「PRIMAL ORIGIN」にてOCG化されるのが決定し、アニメで登場した強力なカードは過剰なまでの弱体化が施されている事が多々あるのでどうなるか心配されていたのだが……


OCG版

通常魔法

このカード名の効果はデュエル中に1度しか適用できない。

(1):自分のドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、

そのターンのメインフェイズ1の開始時に発動できる。

「CNo.」以外の「No.101」~「No.107」の

いずれかをカード名に含むモンスター1体を、

自分のEXデッキ・墓地から選んで特殊召喚し、

そのモンスターと同じ「No.」の数字を持つ「CNo.」モンスター1体を、

そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。


解説

なんとほぼ原作再現されていた。

フィールドには対応しなくなりランクアップも対応しているオーバーハンドレッド・ナンバーズのみになったものの墓地、エクストラデッキには対応している。

デュエル中に1度しか使えないがそれ以外の制約やデメリットは一切無し

発動条件の「自分のドローフェイズ時に通常のドローをしたこのカードを公開し続ける」という特殊な発動条件により最初の手札にあったりカード効果でのドローで手札に加わった場合、完全に手札で腐るという弱点と、メインフェイズまでにマインドクラッシュ等の手札破壊効果で妨害される危険性があるという弱点がある。


実はこの発動条件は、原作での再現にもなっている。

「自分のドローフェイズ時に通常のドロー」はシャイニングドローのバリアン型である「バリアンズ・カオス・ドロー」の再現、「カードを公開し続ける」の部分は「vsミザエル」でミザエルがわざわざⅢとⅤに公開している(しかも、とある理由でランクアップできなかった)場面と「ナッシュvsベクター」戦でベクターの永続魔法《ドン・サウザンドの契約》(互いに毎ターン、ドローしたカードを公開しモンスター以外ならそのターンの通常召喚禁止の効果を持つ)の効果により、ドローしたカードを公開しなければならなかった所から来ている。


以上から、弱点は色々とあるものの原作再現はかなりできており性能も一発逆転が狙えるロマン溢れる性能からファンからの評価は高いものになっている。


時は流れ2021年11月。「デュエリストパック-深淵のデュエリスト編-」にセブンスバリアンテーマのカードをサポートする魔法、罠カードが多数収録され、より確実に発動できるようになった。


オーバーハンドレッド・ナンバーズ


関連タグ

遊戯王OCG 遊戯王ZEXAL 魔法カード

RUM セブンス

バリアン オーバーハンドレッド・ナンバーズ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34878

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました