ピクシブ百科事典

機皇神龍アステリスク

きこうしんりゅうあすてりすく

機皇神龍アステリスクとはアポリアの使うカードの1つ。
目次[非表示]

機皇神龍アステリスクとは遊戯王5D'sアポリアが使用したカード。闇属性機械族効果モンスター

※以下に記すカードテキストは遊戯王カードwikiより引用したものである。


アニメ版の効果


効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
自分フィールド上に「機皇」と名のついたモンスターが
3体以上存在する場合に手札のこのカードを特殊召喚する事が出来る。
このカードの攻撃力は自分フィールド上に存在する表側攻撃表示の
機械族モンスターの攻撃力の合計の数値となる。
相手はこのカード以外の機械族モンスターに攻撃できない。
このカードが破壊される場合、自分フィールド上に存在する
機械族モンスター1体を墓地に送る事で破壊を無効にする。
このカードが表側表示で存在する場合、
シンクロモンスターを特殊召喚したプレイヤーは、
1000ポイントのダメージを受ける。

作中において、最後にして究極の機皇帝と称された5番目の機皇帝(もっとも「機皇」であっても、「機皇帝」ではないのだが)。


OCG版の効果 

※心臓の弱い方はご注意ください















効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に「機皇」と名のついたモンスターが
表側表示で3体以上存在する場合に特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「機皇」と名のついたモンスターを任意の数だけ選択して墓地へ送る事ができる。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送った
モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、
自分または相手がシンクロモンスターの特殊召喚に成功した時、
そのプレイヤーに1000ポイントダメージを与える。


アニメ版に比べて著しく弱体化しているのだ。しかも究極などと謳っておきながら、レベルは10で機皇神マシニクル∞3の12よりも低い。

耐性が全くない上に、ボード・アドバンテージを大きく減らし、さらには大量展開による自己強化を図る機皇兵や、単体でも強力な機皇帝の効果と能力がほとんどかみ合っていない。

機皇神マシニクル∞3の方がまだマシなうえに、あちらはタッグフォース6で墓地のコア3種類(「ワイズ・コア」、「スカイ・コア」、「グランド・コア」)を除外するだけで、デッキ・手札・墓地のどこからでも召喚条件を無視して特殊召喚できる「機皇創世」というゲームオリジナルの罠カードがあり、非常に簡単に出せるのだが・・・・・・。

アステリスクにはそのような救済措置は一切なくタッグフォースでも残念なまま。
コナミは神によって、誰か大切な人を殺されたのだろうか?


誰もがコイツの活用方法をなかなか見出せず、諦めかけていた頃、新しい召喚方法であるエクシーズ召喚とエクシーズモンスターが誕生。

超弩級砲塔列車グスタフ・マックス超次元ロボギャラクシー・デストロイヤーはランク10であり、強力だが出しにくい・・・・・・。
しかし、アステリスクは攻撃力をアップさせるのにコストは必要だが、特殊召喚するだけならコストは要らないのだ。まさにエクシーズ素材にはもってこいなのである。

更には最近出たギアギアシリーズのおかげで強化自体はされた。


だが、今の彼の役目はほとんどがコスト素材。アステリスクがちゃんとしたモンスターとして活躍できる日は来るのだろうか・・・・・・。

また、考えなしにデッキに3積みすると手札事故は免れない。
しかも、単にエクシーズ素材にするだけならば、「メタル・リフレクト・スライム」などの扱いやすく、召喚条件が必要ないものも存在するので、採用するときは要検討。


余談

このカードが登場した頃、同時期に魔法少女まどか☆マギカがOAされており、そのアニメに登場する魔女「charlotte」に似ていることからこのようなコラボイラストも。

絶望の魔女


特にこの時期は両者ともに鬱展開だったこともあり、遊戯王とまどかマギカのコラボイラストは日に日に増していくことに。

関連イラスト

【5DS】142→143
果てることない無限の絶望



関連タグ

遊戯王OCG アポリア

pixivに投稿された作品 pixivで「機皇神龍アステリスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5970

コメント