2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヴァーチャルLBX

ばーちゃるえるびーえっくす

ヴァーチャルLBXとは、ヴァーチャル空間で運用することを目的としたLBXのこと。
目次[非表示]

概要

通常のLBXは、ホビーとして販売しているため実体が存在することが普通である。
しかし、仮想空間「∞(インフィニティ)ネット」が発展したダンボール戦機の世界において、データの番人の役割を持たせるために作られたのがヴァーチャルLBXである。
このタイプは、通常のLBXの規格を大きく超えた大きさで、敵を淘汰する。

これに対抗するのに適しているのもまたLBXで、作中ではオタクロスが作った「仮想空間スキャナー」で実体のLBXをデータに変換し、インフィニティ・ネットに送って戦闘する。これも一種のヴァーチャルLBXと言える。

また、LBXの規格内に収まったヴァーチャルLBXも存在し、こちらはデータがあれば実体化することが出来る。

一覧

  • ハーデス
    • イノベーターが仮想空間「∞(インフィニティ)ネット」の内部に設立した「ゴッドゲート」の番人として生み出された戦闘プログラム
  • ウロボロス
    • オメガダイン のメインコンピューターに侵入したバン達の前に立ちはだかった


ヴァーチャルLBXだったもの

  • フェンリル
    • 「ゴッドゲート」に青島カズヤハンターが来ることを想定していた山野淳一郎がプラチナカプセルの解読コードを守るために用意していたヴァーチャルLBX
    • ハンターに憑依する形で使用された
    • フェンリルの姿を見たオタクロスは、その姿に見惚れ、フェンリルのアーマーフレームのデータを保存
    • そのデータを元にタイニーオービット社が製造して、カズヤの機体として使用されるようになる


関連タグ

ダンボール戦機 ダンボール戦機W LBX
ナイトフレーム ストライダーフレーム ブロウラーフレーム ワイルドフレーム
パンツァーフレーム 合体LBX

関連記事

親記事

LBX えるびーえっくす

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました