ピクシブ百科事典

ヴェーネス

ゔぇーねす

スクウェア・エニックスのRPG『ファイナルファンタジー12』に登場するキャラクター。

CV.津野田なるみ

人物

異端者ヴェーネス。
イヴァリース世界の創造主にして、人類を監視し背後から操る不滅の種族オキューリアの一人。

他のオキューリアが基本的に「人間」を愚かで卑小な存在として扱っているのに対し、ヴェーネスは不滅の存在でありながら「人間」に対し深淵な興味を抱いており、人類の歴史をオキューリアが自分たちの都合に合わせて影から操ってきたことに反感を持つ。

やがて「人間の歴史は人間自身に導かせるべし」という信念を以って、オキューリアに反旗を翻すことを決意。人類史を影から操ってきたオキューリアの存在とオキューリアの権能の要石である破魔石の情報を、アルケイディア帝国の秘密機関ドラクロア研究所の所長シドルファス・デム・ブナンザに齎した。
そして皇帝候補ヴェイン・カルダス・ソリドールも合わせた三人で意気投合し、オキューリアの介在しない人間の手による歴史を作りあげることを目的として、シドとヴェインに自らの願いを託して協力するようになり、これがFF12の物語の主軸であるアルケイディア帝国によるイヴァリース全土への侵攻の発端となる。

協力とは言っても、「人間の手によって作られる歴史にこそ意味がある」としているため、あくまでも情報を与えるのみで、あとは見守るスタンスを取っている(これはシドとヴェインの二人も了承済み)。
そのため、シド達がほぼ独力で人造破魔石をわずか6年足らずで試作段階にまで漕ぎ着けたことに驚嘆し、『人間の情熱』を素直に賞賛していた。
ちなみに他のオキューリアと同様に不可視の存在であり、自ら許した者にしかその姿を視認することができない。シドがやたら奇妙な独り言を言ってるように見えたのは、他の者には見えないヴェーネスに語りかけていたためである。

物語最終盤、アーシェ一行がオキューリアのリーダー・ゲルン王の意に反して、破魔石のエネルギー源たる『天陽の繭』を破壊したことで、結果的に今後オキューリアによる破魔石を使った歴史への介入は不可能となった。これを見届けたヴェーネスは自らの目的が一定まで達成されたと判断し、最後は願いを託した同志ヴェインと共にあることを選択。
ヴァン達に追い詰められたヴェインを守ろうとするかのように自ら融合して、帝国旗艦・空中要塞バハムートの機械部品を吸収し、『不滅なるもの』へと変貌する。
そしてヴァン達との壮絶な最終決戦の末に打ち倒され、ヴェイン共々、跡形も無く消滅していった。

FF12という物語の静かなるトリックスター
彼をイヴァリースに戦禍を齎した秩序の破壊者と見るか、神々の支配から人間が真の自由を得るための戦いに先鞭を付けさせた影の立役者と見るかは、プレイヤー次第である。

関連タグ

ファイナルファンタジー12

関連記事

親記事

オキューリア おきゅーりあ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴェーネス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1510

コメント