ピクシブ百科事典

七瀬三部作

ななせさんぶさく

筒井康隆のSF小説で、火田七瀬を主人公とするシリーズである。

概要

 生まれながらにして他人の心を読むことができる美貌のテレパシー能力者・火田七瀬を主人公とする一連の物語である。

家族八景
七瀬ふたたび
エディプスの恋人

 の3作からなる。2010年時点で累計売上が合わせて430万部に達するほどの人気を誇る。第2作『七瀬ふたたび』を中心に幾度となく映像化された(ただし最終作は未映像化)。

 作品を重ねるごとに物語の規模はスケールアップしてゆき、第1作では家政婦として働いていた七瀬は、最終作では宇宙の女神と触れ合う存在にまで至る。

コメント