ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1963年生まれ、東京都出身。愛称は「ウエケン」または「うえけん」。
1983年に『Dを訪ねた2人』で「第21回週刊少年チャンピオン新人まんが賞」特別奨励賞を受賞し、翌年週刊少年チャンピオンに掲載された『煙草撲滅委員会』で商業デビュー。
妻は声優の上野アサ。

作風

遅筆」と「コストパフォーマンスの悪さ」を自らネタにしており、いわゆる今風の絵柄とは異なるが、緻密に描き込まれた画面で表現される奇抜かつシュールなハイセンスギャグが根強い人気を獲得している。
また「他の作家が描いた漫画」をネタに盛り込むことがあるが、コピーやトレスを用いずすべて模写するというこだわりを持つ。
時には漫画という表現形式の限界を超えたネタや、「漫画という概念」そのものを扱ったネタにも挑戦する。

作品

帽子男シリーズ

初期の代表作で、モーニング等に不定期で掲載された。
1992年に発行された『帽子男は眠れない』が上野顕太郎の初単行本。

五万節

モーニング掲載。全三話・計11ページという短さながら、上野顕太郎を代表する作品。
「見開き二ページに五万人の大群衆」というネタを、半年かけて本当に五万人描いてしまうという、誰も真似をしたがらない伝説を築いた。

朝日のようにさわやかに

ヤングチャンピオン連載。全60話。

ゲームびと

ファミ通PS→ファミ通PS2→ファミ通PLAYSTATION+→ファミ通PSP+PS3連載。1999年に連載開始時~1998年中頃までの作品を収録した『ゲームびと公式ガイド』としてアスペクトから単行本化された。

ひまあり

モーニング連載。全19話。

いちマルはち

週刊アスキー連載。全108話。

夜は千の眼を持つ

コミックビーム連載中。

さよならもいわずに

『夜は千の眼を持つ』の連載を中断し、前妻の病死とその後を描いたドキュメンタリー作品。
2011年マンガ大賞」ノミネート作品。

関連タグ

漫画家
漫画 ギャグ漫画

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「上野顕太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3980

コメント