ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広島県三次市にあるJR西日本で、1923(大正12)年に芸備鉄道(現在の芸備線)「和田村(わだむら)駅」として開業し、1925(大正14)年に現在の駅名となった。三次鉄道部管理の無人駅である。

木造駅舎は1970年前後に撤去され、ホームから離れた場所に建物がある。公道側からは駅名標が見え、裏側は駅名標、くずもの入れ、座席がある待合所になっており、これを駅舎とするか待合所とするかは微妙なところであるが、JR西日本では待合所側の写真を載せ「駅舎」としている。

駅構造

1面1線の地上駅。かつては1面2線の交換可能駅であったほか貨物用ホームやその他側線があったがすべて撤去され現在の形になっている。
上り線があった側に柵などは特に設けられておらず、レールが撤去されが生い茂っているようすを見ることができる。付近に車が駐車していることもある。

利用状況

  • 2017(平成29)年度の1日平均乗車人員は6人である。


利用状況比較表

年度乗車人員
1981年(昭和56年)度17人
2002年(平成14年)度5人
2011年(平成23年)度6人
2012年(平成24年)度4人
2013年(平成25年)度3人
2014年(平成26年)度3人
2015年(平成27年)度5人
2016年(平成28年)度5人
2017年(平成29年)度6人


隣の駅

種別←三次方面当駅備後落合方面→
普通塩町駅下和知駅山ノ内駅


関連タグ

芸備線 広島県内の駅一覧

関連記事

親記事

広島県内の駅一覧 ひろしまけんないのえきいいちらん

兄弟記事

コメント