ピクシブ百科事典

丞成

じょうせい

漫画『黒子のバスケ』に登場する架空の高等学校の名前。
目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプで連載中の『黒子のバスケ』に登場する学校「丞成高校」の略称。誠凛と対戦した高校の1つ。
本編では主に「丞成高校男子バスケットボール部」のことを指す。

東京都に所在する高校。I・H予選にて上位8校に入り、東京都6位の座を獲得している。W・C予選、東京都ベスト4をかけた試合で、誠凛と対決した。桐皇今吉翔一曰く、木吉抜きの誠凛と丞成の実力は互角であり、丞成のウリである「ゴリゴリくるインサイド」は誠凛にとって相性が悪かったらしい。しかし木吉の加入により差が開き、敗れる。かなりラフなDFや、黒子に対するファウルなどから、「思ったより乱暴なチーム」と称されていた。

誠凛との対戦(108-61で敗北)後、桐皇との練習試合で170-39の圧倒的点数差で敗北しているが、このときすでに上記3年は引退していたのか、引退試合的な意味合いを持った試合だったのかは不明である。

噛ませ犬と言われながらも3週登場した学校なので知っていてあげてくださいお願いします。

男子バスケットボール部

提言は「縦横無尽」。

監督

池田浩一 試合前の控え室でも存在は確認できず、誠凛の分析などを主将である川瀬が行っていたことから誠凛の武田センセイのような立ち位置なのかもしれない。

レギュラー

3年
川瀬陽平(CV:柿原徹也
試合前に誠凛の分析を行い、高い判断力を持つ。

遠山和樹(CV:新井良平) 身長175㎝・背番号12・ポイントガード(PG)
やや中性的な顔立ちをしている。

津布久正浩(CV:四宮豪) 身長188㎝・背番号7・パワーフォワード(PF)
佐久間と共にダブルチームで火神を止めていた。顎鬚が濃いが、顔立ちは高校生で若々しい。鳴海の試合前の集中に困惑している様子も見られる。

佐久間洋(CV:須嵜成幸) 身長187㎝・背番号5・スモールフォワード(SF)
津布久と共にダブルチームで火神を止めていた。作中での台詞は「意味不明(イミフ)」だけで、口数が少なく、表情は感情に乏しい。

1年

鳴海大介(cv:檜山修之
身長194㎝・体重82kg・背番号9・センター(C)
力(パワー)のある、大型新人。試合前にはメタルを聞きながらエロ本を読んで集中を高める。

関連タグ

黒子のバスケ

pixivに投稿された作品 pixivで「丞成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37030

コメント