ピクシブ百科事典

中央銀行

ちゅうおうぎんこう

中央銀行とは、国や一定地域の通貨を発効・安定化させる銀行である。

概要

国家やそれと同等かそれ以上の規模の地域に流通している通貨(ドルユーロなど)を発効したり、経済情勢によってそれが世の中に流れる量を増やしたり減らしたりして経済を安定化させる役目を持つ銀行である。

その国や地域で使用されているお金を作って社会に出回らせ、経済の状況によってその流れをコントロールする重要な機関で、金融政策を司る心臓部であり、そのことから『通貨の番人』とも呼ばれる。

関連タグ

銀行 経済
金融

関連記事

親記事

銀行 ぎんこう

子記事

兄弟記事

コメント