ピクシブ百科事典

九二式重機関銃

きゅうにしきじゅうきかんじゅう

九二式重機関銃とは、大日本帝国軍が制式採用した重機関銃である。九二とは、皇紀2592年から取ったものである。
目次[非表示]

概要

日本陸軍は7.7mm弾を使用した機関銃の開発に迫られ、まず航空機用機関銃である八九式旋回機関銃を開発した。これを陸戦用に改造し、量産を試みたが失敗する。そこで6.5mmの三年式機関銃を改造して、1932年に完成したのが九二式重機関銃である。

既にベルト給弾が一般化しつつあったが、九二式は保弾板を使用するやや古めかしいホチキス式を採用。保弾板は重量がかさむ上に弾数に制限があり、発射速度も遅いため重機関銃の本来の機能である「弾幕を張る」という点では劣っていた。非常に重いため運ぶのに馬を使用するか、4人以上で運ぶしかなかった。

しかし性能は安定しており、発射速度が遅いことが幸いして過熱することも無く、重量があったので射撃も安定して行え、コントロール性も良好であり、故障が少なかった。また、コントロールがしやすいということは機関銃でありながら「狙い撃てる」という事でもあり、アメリカ軍は精確に射撃してくるこの銃を「ウッドペッカー(キツツキ)」と呼び、MG42とはまた違った意味で非常に恐れていた。

基本データ

全長1155mm
銃身長721mm
重量27,600g(本体のみ) 55,300g(三脚含む)
口径7.7mm
装弾数30発


関連タグ

マシンガン 重機関銃 大日本帝国
松本零士(「独立銃機関銃隊」に本銃が登場)

pixivに投稿された作品 pixivで「九二式重機関銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4180

コメント