ピクシブ百科事典

九七式車載重機関銃

きゅうななしきしゃさいじゅうきかんじゅう

九七式車載重機関銃とは、大日本帝国において開発された重機関銃である。

九七式車載重機関銃とは、大日本帝国が開発した口径7.7mmの車載重機関銃である。
かねてより威力不足が問題となっていた口径6.5mmの「九一式車載機関銃」を更新する目的で開発された。
チェコスロバキア製の傑作機関銃ZB26に似た外観と構造であったが、給弾機構の違いから同じく口径7.7mmの九二式重機関銃と弾薬が共用できないという問題があった。
大日本帝国陸軍海軍のあらゆる戦闘車両に搭載された。

コメント