ピクシブ百科事典

五百蔵志鶴

いおろいしづる

五百蔵志鶴とはマンガ「双星の陰陽師」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

五百蔵志鶴とは双星の陰陽師の登場人物で五百蔵鳴海の次女である。
父親譲りの褐色の肌に金髪で過去の戦いの爪痕か、顔の中央を走る傷がある。

プロフィール

年齢17歳
誕生日8月31日
出身地B型
身長171cm
体重60kg
Dカップ
好きなもの家族、母さんの作った唐揚げ
嫌いなもの梅干し、うじうじしたヤツ


人物

一言で言えばツンデレ。
当初は本土出身のろくろを見下していたがワダツミ討祓作戦で助けられてから強く意識するようになり、御前試合でのやり取りなどを通じて好意を抱くようになる。
家族からはバレバレだが本人はその恋心を自覚していない様子。

脳筋一族と揶揄される五百蔵家の中でも特に脳筋で、シャワーの出が悪いとノブを力任せにひねって破壊してしまうなど日常茶飯事である。
服装も拘りがないのかセンスがずれているのか白地に根性だの中央突破だの書かれたTシャツを愛用している。

その一方で呪力の精密操作が必要な繊細な術を使用できたりする一面もあり、実技で士門に筆記で繭良に勝ったこともあるなど意外と優等生。

御前試合では蹉跎桜と戦う。善戦するも十二天将の力の前に敗れる。

五点同時襲撃で加布羅により傘下陰陽師と兄2人を失い、父も瀕死となる。
その父より勾陳を託され天将となる。

余談だが勾陳の奥義「降閻魔尊無限回廊」の真言は大威徳明王のものであり、紅緒が用いたのも大威徳明王真言である。

繭良が士門に想いを寄せだすのと入れ替わるように志鶴の恋心がクローズアップされ、使う真言が同系統…
意味深である

止縛法を使ったのも繭良、紅緒、志鶴の3人…だったのだがとろくろ傘下の少女陰陽師の林檎も新たに使ってしまった。



関連タグ

双星の陰陽師
五百蔵鳴海
五百蔵軍記

pixivに投稿された作品 pixivで「五百蔵志鶴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 639

コメント