ピクシブ百科事典

士繭

しまゆ

斑鳩士門と音海繭良のカップリングタグ。 アニメでは「ひみつの繭良ちゃん」がでた。
目次[非表示]

アニメ


第27話。
内容
 陰陽師となった繭良は、留守中のろくろと紅緒に代わり、亮悟たちとともにケガレ祓いに奮闘する日々を送っていた。だが戦いの最中にどうしてもツメが甘くなり、毎回のようにみんなの足を引っ張ってしまう自分が情けなくなる。そんな中、星火寮を訪れた士門と出会った繭良は、士門に頼んで修行をつけてもらおうとするのだが、気弱で自信のない心を見透かされ「覚悟が足りない!」と一喝される。


ちなみに、ひみつの繭良ちゃんで、繭良が士門にお姫様抱っこされた。士繭ファンには美味しい展開である。(≧∇≦)

第32話
士繭要素は少ないが、次回予告で、
繭「次は恋の話?まさか士門の?!」士「はぁ?ふざけるな」繭「『士門も恋くらいしなきゃ駄目だ』ってお父さんが言ってたよww」士「モノマネのつもりか?似てないぞ。」(うろ覚え)
というやり取りがあった。なぜここで士門と繭良なのだろうか・・・

第33話
少しだけだが、士門と繭良のいい感じのやり取りがあった。これを見て、遥は、「あの2人、いい感じだね。私たちに、先を越されちゃうかも。頑張ろうね!亮悟君。」
と言っていた。士繭が公式になる日は近いのだろうか…(ちなみに清弦は、気に入らないような顔をしていた。)




小説版


『双星の陰陽師』公式ノベライズである「双星の陰陽師-士牙繭闢-」では繭良が天若家の新当主として周囲から認めてもらうために士門に修行つけてもらい、斑鳩家が所有する修行島で十二天将最大の秘奥義『纒神呪(まといかじり)』を習得しようとするのだがまさかのハプニングで遭難してしまう。
それにより一つの部屋で一緒に寝ることになる。このとき、士門は羞恥心で全く寝られなかった様子。

また、この小説の最後に士門は繭良からの「気になる子いるか?」という質問に顔を真っ赤にして
「そうだな・・・・気になる異性なら・・・いるな・・・」と答えており、最近できたと発言している様子を見るとそれが繭良であることは明確である。またこの士門の答えに繭良が一日中モヤモヤしてしまったのは言うまでもない。

なお、小説単行本には『二色滑稽画之序』という番外編漫画が収録されており、温泉で入浴中の繭良が野良式神に驚いて飛び出し、全裸で士門に抱きつくというラブコメ漫画のラッキースケベ展開があり、ファンを喜ばせた。

原作


第22話
ろくろの島行きが決まり、自分はおそらく本土に居残るだろう事から落ち込む繭良を士門が叱責。
反発して飛び出す繭良だったが、続く25話、27話で士門に特訓の相手を頼み、ボロボロになるまで特訓したことが語られる。

第35話
脅威度AAの真蛇『ワダツミ』討伐ミッションで戦場から離脱するためにろくろと繭良は士門にしがみついたが、その際に繭良は士門に胸を押し付けてしまい、士門は動揺して墜落してしまう。
また禍野の瘴気に当てられたら繭良を士門がお姫様抱っこして運ぶシーンがあった。

~この間に小説版があり、2人で無人島で秘密特訓したりラッキースケベがあった~

第41話
御前試合において繭良は女性陰陽師最強を謳われる御幣島すばると対戦。その試合に赴く際に士門と繭良がハイタッチ。

第42話
終わってみれば試合はほとんどの人間が予想した通り御幣島すばるが圧勝したが繭良もそれなりの実力を見せたことから観客の多くは繭良の健闘を称えた。だが士門は落ち込んでいた。士門は本気で繭良がすばるに勝ちうると信じていたのだった。

関連イラスト

士繭

pixivに投稿された作品 pixivで「士繭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144820

コメント