ピクシブ百科事典

焔魔堂ろくろ

えんまどうろくろ

焔魔堂ろくろとは『双星の陰陽師』に登場する主人公。
目次[非表示]

CV:花江夏樹
「来い! 罪もケガレも、みんなまとめて祓ってやる!」

プロフィール

年齢16歳
誕生日6月6日
血液型B型
身長160cm(14歳時:157cm)
体重52kg(14歳時:47kg)
好きなもの陰陽師、カレー、辛いもの
嫌いなもの悠斗、陰陽師に特に必要のない勉強



概要

双星の陰陽師』の主人公。作品開始時点では14歳。
ヒロインである化野紅緒と共に神子を生む定めをもつ「双星の陰陽師」となることを予言された少年。
かつては若干12歳にして将来を嘱望されるほどの凄腕陰陽師だったが、過去の悲劇により自信を喪失。陰陽師の道から退いていた。

人物

アホ毛ギザ歯が特徴的な少年。
普段は何をやらせてもダメであり、頻繁に女子に告白しては玉砕している。
また将来の目標もコロコロ変わり、その迷走ぶりは周囲の人間にネタにされているほど。
だが基本的には前向きで行動力があり、その力強い言動で多くの人物に影響を与えている。

雛月の悲劇

かつてろくろと亮悟、悠斗らが所属していた陰陽師候補生の育成施設「雛月寮」で起きた惨劇。
禍野から十数体のケガレが突如出現し、ろくろを除く全員が殺された。(当時、亮梧は雛月寮を離れていた)
仲間を誰一人救うことができなかったことでろくろは自信を喪失、陰陽師の道を捨てて普通の生活を送ろうとしていた。

というのは表向きの話であり実際は全く違う
その実態は石鏡悠斗による人間のケガレ化実験。
ケガレ化とは人間の持つ陽の気を陰の気に反転させることで、ケガレの強大な力を得る禁忌の秘術(これをケガレ堕ちと呼ぶ)であり、悠斗は自らがより高みへ至るため寮の仲間たちを犠牲にしたのである。

その結果としてケガレの力を受け入れられず寮生十数人は全員ただのケガレと化し、その中で唯一ケガレの力を身に着けたろくろによって祓われた。
つまり寮生を死に至らしめたのはろくろということになり、それが彼の人生に暗い影を落とすことになる。
ちなみにろくろの右腕はケガレ化した仲間によって食いちぎられており、ケガレ化で腕を補修している。
つまりろくろの右腕は赤い状態が本来の姿ということである


能力

陰陽師として高い資質を持つが、雛月の悲劇以降修行を拒んでいたために技量は並みかやや上といった程度。
呪装(強化)も複数同時に扱うことは出来ず、ケガレ化した右腕の力を活かしたパワーファイター。

大型のケガレにすら致命傷を与える高い攻撃力を誇るが、攻撃手段が右腕に限定されてしまうなど欠点も多い。
最初こそ腕の力でゴリ押ししていたが、強敵の出現や戦いの中で自信を取り戻したことで高みを目指すようになり、二年間で大きな成長を果たした。
16歳時点では同時に3つの呪装を使えるようになり、遠距離攻撃を使うなど戦闘の幅が格段に広がった。

星装顕符

何も書かれていない真っ黒な呪符。
師・天若清弦の手によるもので、他に手段が無い緊急時のためにケガレ化した右腕の力を開放させる為のもの。

裂空魔弾

呪力を込めた石等を弾丸として打ち出す術。
単純だが連発が可能で、込める呪力の大きさで威力も増大する。

星装顕符≪焔≫重奏陰陽術式『星方舞装(アストラルディザスター)』

清弦が新たに用意した赤い呪符。
星装顕符で解放したケガレの腕に、同時に呪装を施し強化する力を持つ

裂空魔双弾(スカイストライザー)

双星の陰陽師としての力の一つ「共振(レゾナンス)」によって強化された裂空魔弾。

双覇暁哭剣(ワールド・エンド・オーバーレイ)

双星の陰陽師としての力の一つ「共振(レゾナンス)」によって強化された斬浄穢符。

流星拳(メテオスマッシュ)

星方舞装の状態で放たれる呪力の放射。
高密度に圧縮された呪力はさながら極大の光線のように飛び、軌道上の物を消し飛ばす。

紅蓮流星拳(クリムゾン・メテオ・スマッシュ)

双星の陰陽師としての力の一つ「共振(レゾナンス)」によって強化された流星拳。
ケガレ堕ちにより圧倒的な力を得たはず悠斗が本来の力で防御せざるを得ないほどの破壊力を誇り、その上で大ダメージを与えた。

金鳥天衝弾(ゴルトスマッシュ)

流星拳の発展形と思われる術。
空中に浮かんだ呪印を叩き、衝撃そのものをストック。それを任意のタイミングで発動させることで打ち出す事ができる。
制限はあるが複数同時に発射することも可能で、重ね合わせることで威力を増大させることも可能。
その威力は禍野の空を割り、十二天将である斑鳩士門を驚愕させた。

双天破神焔魔炎撃拳(ツインバスターフランベルジュ)

土御門有主との修行で体得した《式神呪装》で強化した腕、または術。
(フランベルジュとは『炎の意味を持つ剣』の意)
専用の装備を装着した両腕に更に呪装を施す。

炎そのものを推進力に変換したロケットエンジンと評され、発動時の呪力は、雲林院憲剛の発言をそのまま解釈すると、十二天将最強の鸕宮天馬に匹敵するほどらしい。

威力も非常に高いが、その分呪力の消耗も激しく、何も考えずにフルパワーで戦うと、使用後はまともに動くことすら出来ないとのこと。

しかしこれにケガレの腕やら“星装顕符≪焔≫重奏陰陽術式“を併用したら凄まじいことになることであろう。

関連タグ

双星の陰陽師
陰陽師
化野紅緒:嫁(仮)

鵺野鳴介:異形の手を持つ霊能力者。
アレン・ウォーカー:異形の手を持つエクソシストリメイク版では中の人がと同じ。
シェルブリットのカズマ自慢の拳
兵藤一誠:異形の手を持つ悪魔の眷属。
麻倉葉:許婚持ちの霊能力者

pixivに投稿された作品 pixivで「焔魔堂ろくろ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192943

コメント