ピクシブ百科事典

伊武谷万二郎

いぶやまんじろう

伊武谷万二郎とは、『陽だまりの樹』の主人公。架空の人物。

概要

CV:宮本充
常州府中藩士。直情径行型の性格で世渡りが下手だがは強い。
安政の大地震の避難民を避難させたことで幕府に認められ、米国使節の警備役に抜擢される。
幕府陸軍歩兵隊の創設に関与。幕政の改革を志しつつ、倒れ行く幕府に忠誠を尽くす。
彰義隊に参加して生死は語られずに舞台から去る。
手塚は歴史漫画で「歴史に残らなかった」「居たかもしれない」人物の物語を描くことを好んでおり、激動の時代ゆえか時代に翻弄される姿は手塚歴史漫画の中でも随一。
幾らかモデルと推測される人物はいるが、決定的な物はなく、あくまで架空の人物である。

ちなみに手塚には彰義隊で戦った武士蝦夷へ移って人生の自由とロマンを求めて困難と闘う『シュマリ』という作品がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「伊武谷万二郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2708

コメント