ピクシブ百科事典

伝衝裂波

でんしょうれっぱ

漫画「北斗の拳」でユダが使用する技。
目次[非表示]

概要

ユダの使う南斗紅鶴拳の奥義の一つで、高速の拳から生まれる衝撃波で離れた敵を切り刻むという技。
ユダは「一歩近づくごとに、深く切り裂く」と発言していたので、この技は相手との距離を詰めるほど威力が上がると思われる。
原作での名称は無かったが、後にアニメで判明。テロップはレイの顔を切った瞬間に入る。
人によっては裂破だったり烈波だったり表記があやふやになるが、裂波である。

原作では濁流の中で動きが鈍くなったレイに対して遠距離から使用し、一方的に切り刻み続けた。しかし徐々に近づいていたのが災いし、レイの反撃を受け敗北。
ユダの死後はケンシロウの技となり、シュウを一方的に切り刻んだり、修羅2人を一撃で葬ったりと大活躍をした。
ケンシロウがユダの技を覚えたのは闘った相手の技を自分の物にするという北斗神拳の奥義、水影心によるものなのだが、ケンシロウはユダの闘いをちょっと見てただけで別に闘っていない。アニメではラオウがケンシロウとの闘いで使用したので、そこで覚えたような形になる。

派生作品

・劇場版ラオウ外伝殉愛の章
作品の性質上シュウが使用することになった。ケンシロウに対して使用するも避けられる。
が、避けた先にあった鉄柱が両断されたのでかなりの威力が見受けられる。

・ラオウ外伝天の覇王
本編では使用しなかったが、PSP版のゲーム内で必殺技として登場。血粧嘴より格上の奥義となった。

・AC北斗の拳
ユダの必殺技として登場。使用すると「伝衝裂波!」と叫び、地を這うように衝撃波が走る。連射はできない(ブーストを使えばできなくもない)。

・真・北斗無双
ユダの練気攻撃として登場。技名は載っていないが「ヒャハハハ」と言っているので恐らく伝衝裂波である。(というか真・北斗無双は原作準拠という体で販売したのでアニメ準拠の技名は出せないのだと思われる。) 固有体術の血化粧をしておくと連射回数が上がる。


関連項目

コメント