ピクシブ百科事典

コマク

こまく

コマクとは北斗の拳の登場人物である(メイン画像左下の人物)。

概要

南斗六聖拳ユダの腹心の部下で、眼鏡をかけた白髪の小柄な老人。

もう一人の部下であるダガールとは違い、一定の信頼を寄せられているようで、ユダの指示によりダムを決壊する作戦を与えられていた。「ユダ様は本当に頭の良いお方」と褒め称えつつ、さらに水の中に毒を混ぜ込み村を全滅させようとしたが、ケンシロウにより阻止される。
原作版では毒の瓶を飲み込まされてしまい、吐き出そうとして口に手を突っ込んだ所をケンシロウに手を蹴飛ばされ、自らの手で喉を突き破って死亡する。アニメではそのシーンはカットされており、代わりに鉱支猫牙拳という拳法を用いてケンシロウと交戦し傷をつけるも、秘孔を突かれて平衡感覚を失い、ダムから落下して爆死した。

ラオウ外伝「天の覇王」ではダガールの副官として登場。城に出向いてきたレイナをコンビプレイで捕らえる事に成功した。

関連タグ

北斗の拳
ユダ(北斗の拳)
ユダ様は本当に頭の良いお方
ユダ様は本当に気持ちの悪いお方←上記の台詞のパロディ

pixivに投稿された作品 pixivで「コマク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23466

コメント