ピクシブ百科事典

僕司

ぼくし

漫画『黒子のバスケ』に登場する赤司征十郎のこと。
目次[非表示]

概要

中学時代赤司の一人称は「オレ」でチームメイトのことは名字で呼んでいた。
だが、高校一年生のWC開会式の際に、キセキの世代と再会した赤司の一人称は「僕」へと変化し、「キセキの世代」のことも下の名前を呼び捨てで呼ぶようになっていた。
更に、中学時代は両目が赤いが、現在は左目が黄色に近いオレンジ色のオッドアイになっている。
この変化がいつからなのか、どんな理由があるのか、ファンの間では様々な推測がされていた。

その真相と詳しい経緯は、赤司征十郎”「二人目」の赤司”の項を参照。

呼び方

公式では呼び分けなどされていないが、ファンの間では「俺司」「僕司」という一人称での呼び分けがされる場合がある。

ちなみに、見た目の変化では、両目が赤い状態が「俺司」、オッドアイ状態が「僕司」となっている。

顛末

この見出しには単行本30巻及びExtraGameのネタバレが含まれます。

























誠凛戦終盤で、仲間を見捨てて自分の力のみで勝利を手にすべく、ゾーンに入った赤司。その力で、火神や黒子をはじめ、誠凛を苦しめる。
が、しかし、火神のゾーンと黒子の擬似的「天帝の眼」の連携で攻略されてしまう。それが、僕司にとって初めての敗北であった。その直後から、完璧であった彼のプレーにほころびが生じ始める。
僕司には、威圧的で勝利のためには仲間すら切り捨てる冷酷な性格でありながら、勝利への執着心から形成されているため、一度でも敗北を喫すると自分の存在意義を保てなくなり、まともなプレーができなくなるほど脆いと言う弱点があったのだ。
その後も、キセキの世代筆頭と呼ばれる人物とは思えないプレーやミスを繰り返し、僕司と俺司は精神世界で問答を繰り広げていたが、仲間、いや配下であったチームメイトから手のひらを返され、監督からも交代を言い渡されようとしていたその時、から、「誰だお前」と発破をかけられたことで、俺司の人格が表に出る。これにより、「僕司」の人格は眠り、以降の赤司は「俺司」が表の人格となっている。

僕司は俺司の弱さであり、勝ち続ける重圧が歪んだ形で姿を現した姿である。僕司の勝利への終着は彼が生み出された背景にあり、勝ち続ける事は彼の人格の役割でもあった。僕司は消えず、交代しているだけなので何かあったら出て来る可能性も否めない。


関連イラスト

赤司征十郎
赤司



僕司&俺司

【生誕祭まであと6日!】



関係タグ

黒子のバスケ 赤司征十郎
俺司 天帝の眼 赤赤
多重人格 オッドアイ

pixivに投稿された作品 pixivで「僕司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35917

コメント