ピクシブ百科事典

兄者

あにじゃ

兄者とは、チーム2BROにおける司令塔であり弟者の実兄である
目次[非表示]

人物紹介


名前兄者
渋め
生年月日1984年5月3日
年齢35歳(2019年現在)
ゲーム実況開始2009年11月
YouTubeチャンネル創設日2016年7月19日
YouTubeチャンネル登録者数約40万人(2019年6月現在)
YouTubeチャンネル兄者弟者 / 兄ドラッ!
PSN IDnorunine
Steam IDnorun9
チームカラー
一人称

ゲーム実況兼チーム2BROの司令塔ポジションにつく人物であり、同じ実況者である弟者の正真正銘の実兄。

人物

多様多種のゲーム機はおろか数多くのゲームジャンルを遊び尽くすチーム2BROのメンバーにして、大抵の事には取り乱さない冷静さを持つメンバーの【司令塔】。
実弟の弟者同様に渋めの声と高い身長を持ち、実況動画の更新を逐一Twitterにて報告する弟者の代わりに2BROのサイトを更新している人物である。
2BRO活動初期は時たまにしか登場しない完全なる【裏方】であったものの、弟者が数多くの実況動画を投稿していくうちに兄者自身も動画を投稿し始め、2015年頃には週に2、3本の動画を投稿するなど完全に表舞台に姿を見せるようになった。
ボケとツッコミを両立する弟者とは違い、おついちと共にメンバーにおけるツッコミを担当している。

ゲーム・プレイスタイル

好きなゲームはレースゲーム。現実でもモータースポーツの実況を見たり数々のバイクを所有しているなど男らしい趣味を持っており、レースゲームプレイの為にハンコン一式を揃えるほど。レースゲームでは恐らく一番はしゃいでいるほど楽しんでおり、近年では戦車や戦車のゲームにハマりメンバーをマルチプレイに誘い自身のチャンネルに投稿している。ラジオでは兄者が興奮しながらモータースポーツを語る(それ以外も語りまくる)場面が多々あるので興味がある方は是非聴いてみよう。
他にもシュミレーションゲームといった中でも“頭を使う”建設や育成などの戦略ゲームを好む。これが影響しているかは不明ではあるもののFPS対戦ゲームにおいてはメンバーに的確な助言や指示を下すため、兄者がチーム2BROの司令塔と呼ばれる理由の一つとなっている。

兄者はホラーゲームにおいてホラークラッシャーと言われており、謎の展開や派手であったり大げさであったりする演出へ頻繁に鋭いツッコミを入れる。ホラーゲームを怖がらずに面白く見たい人にはお勧めの実況となっている。
感情のコントロールが上手いため弟者よりリアクションは薄い。その為ホラーには耐性があると初見には思われがちだが、おついち曰く「ホラーは得意ではない」と明言され、実は本人もそれを認める発言を零している。恐怖を覚えるとルー語が飛び出しよりツッコミが多くなる。弟者からは戦略的ビビりと命名されることも。だが弟者語を連発しながら大音響の悲鳴をあげ視聴者をも驚かす弟者よりは……だいぶ安心して見れる。

香港で暮らした経験上英語が堪能である。それを武器に数々の日本語字幕無しの海外版ゲームをプレイしている。弟者の実況動画に解説として招かれることも初期の頃は多々あった。その英語力は外人との簡単な会話ならこなせるほどである。

特徴

数あるものを壊すデストロイヤーや最速のフラグ回収率を誇るフラッガーなど、弟に二つ名が存在するように彼にもビッグブラザーの異名がある。その名の通り長身や彼の体躯も表しているがteam2broを率いるリーダーであり経営者である面を指す。
兄弟やおついちとの実況中に突っ走りがちな弟者の行動を抑えたり、自身が先行しながら作戦を考えるなどといった特徴を持つ行動派兼策略家である。

#06 RoughSketch




余談

大抵のことには動揺しないためホラーゲームにおいては弟者とは違う面白さを見せれる兄者だが、逆にそのホラークラッシャーさを弟者に注意され、しまいには兄者のとある失言がもとで弟者の怒りを買い、後日生放送でプレイしたホラーゲームで心拍数が120を記録したことで謝罪した【兄者謝罪会見】が有名。
おついちもこの騒動に巻き込まれホラーゲームをさせられることとなる。
因みにこの頃はニコニコ動画で2人が1人のホラーゲームプレイを見守る実況があった。

外部リンク

Twitter
Instagram

関連記事

親記事

2bro つーぶろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「兄者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4649956

コメント