ピクシブ百科事典

「俺は強い奴が好きだ……ただし俺より強くない奴に限るがな」

概要

賭郎の零號立会人。左耳にイヤーカフスや逆さ十字のピアスを着けた優男で、常に革靴型のローラーシューズを左足に履いており、そのローラーで片足滑走して移動する。(ローラーシューズで助走をつけたとは言え)片足の踏み込みだけで人の背丈ほどもジャンプしたり、軽めの蹴りで人の死体を十数mも飛ばすなど、立会人に相応しい高い身体能力を持つ。また、刺繍が非常に得意。
口癖は「ぐはぁ」

その正体は賭郎の先代お屋形様であり、現お屋形様である切間創一の父親で、古参の立会人である夜行や現お屋形の創一のことも呼び捨てにしている。
作中以前はお屋形様として活動していたが、立会人として人間の強さを追求し続ける伽羅に影響され、自らの内に秘める「暴」への業が抑えられなくなり、お屋形様の座を息子に譲り、立会人となる。元々若やぎ立つ男であったが、伽羅の後釜で立会人となって以降はより若々しく見えるようになったという。
(実際、過去回想では老齢に見えるが、現在は中年~壮年のように見える。)

性格は鷹揚で砕けたものだが、基本的に「強い男が好き」だと語り、夜行や伽羅など、自分が認めた強者には特に寛大。但しそれは「自分より強くない男に限る」というものであり、たとえ立場上だけでも自分よりも上=強いと思った者に対しては冷徹な殺意を露わにする。すなわち、自分より弱い者に対してのみ好意を抱ける。
また、賭郎の宝は人材であり、不必要に死なせるわけにはいかないと発言しており、優秀な人材であれば敵対する組織の人間でさえも取り込もうする寛容を持っている。

帝国タワーで登場した際、獏と「時が来たら零號を獲る」と約束していた妃古壱の意向で、自身の零號を賭けた號奪戦を行う事になる。その際は勝負前にあえて零號を妃古壱に譲ることで、前述の理由から自身の戦意を昂ぶらせるという動機付けを行った。
その戦闘能力は作中でもトップクラスであり、伽羅と相対した際は彼の無礼講(不意打ち)を見事に回避し「迷ったが、お前は好きだ(自分よりも弱い)」と評価し、號奪戦では妃古壱を終始圧倒する。
元々切間家の先祖は一国の大名の命を取り立てた超絶の忍者であり、自身及び息子である創一もその圧倒的な身体能力を引き継いでいる。


尚、息子の患う記憶障害についてはかなり以前から把握しており、元・創一付きの立会人だった栄羽が世を去った後、古参の構成員である妃古壱、丈一能輪棟耶に持ち回りで創一を補佐するように命じている。

関連記事

親記事

立会人 たちあいにん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「切間撻器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97285

コメント