ピクシブ百科事典

南斗暗鐘拳

なんとあんしょうけん

南斗暗鐘拳は、アニメ「北斗の拳」に登場するニセ南斗聖拳の一つ。

概要

「南斗暗鐘拳」(なんとあんしょうけん)とは、アニメ「北斗の拳」に登場するニセの南斗聖拳の一つ。TVアニメ15話に登場したKING傘下のザリアが使用する疑似拳法である。
TVアニメ15話に登場したKING傘下のザリアが使用する拳法。

物語序盤に登場した『南斗』を冠するトンデモ拳法の中でも、特にぶっ飛んだものの一つ。
その内容はというと、鐘の音でモヒカン雑魚を手も触れずに真っ二つにしたり、民衆を洗脳して操ったり、死体を蘇らせて手駒にしたりと、ほとんど呪術である。

しかし、この鐘の音による攻撃や洗脳はケンシロウには全く通じなかった。
ちなみに、蘇った死体は頭などが吹き飛んでいても平然と起き上がって行動していたが、経絡秘孔への攻撃は普通に利いており、ケンシロウによってあっという間に爆破された。

関連タグ

北斗の拳 南斗聖拳 KING(北斗の拳) 呪術

関連記事

親記事

南斗聖拳 なんとせいけん

兄弟記事

コメント